「G-DRAGON」の今とは... 音楽プロデューサーで起業家でもあるBIGBANGのリーダーが持つ顔とは

EVENING編集部( Evening Music Records )

※ 音楽制作と音楽ビジネス起業家のオンラインサロンはこちら

  

音楽ニュース記事はこちら

本記事は約3分で読めます

 

 

G-DRAGON(ジードラゴン)。

 

 

韓国音楽を世界的な地位に押し上げたBIGBANGのリーダーであり、世界的な影響力を持つアーティストでもある彼だが、その今を知る人は意外と少ないかも知れない。2018年2月27日から約2年間の兵役のため、芸能活動を一時休止していた彼だが、2019年10月26日に除隊をし、その後はBIGBANGの全盛期と比べると落ち着いた生活を送っている様だ。

 

BIGBANGは、元々2020年1月に発表された情報によると、今年の4月に開催される予定だった米国最大の音楽イベントである「コーチェラバレーミュージック&アートフェスティバル」でカムバックを果たす予定であったが、新型コロナウイルスの影響により開催自体が2021年4月に延期された事に伴い、現在はその瞬間を待つ形となっている。

 

 

出演者としてのアーティスト目線では、ファンの面前に立ち、パフォーマンスを行うことができる音楽イベントは、ライブ環境で唯一自らを表現できる場所な訳だが、それを奪われてしまっているため、難しい状況にいることは間違いない。ただ、その様な中でもG-DRAGONの活動は彼のインスタグラムを通して逐次発信されており、その様子をピックアップしてお届けしていきたい。

 

↓ 関連情報を掲載

Advertisement

  

芸術家的な顔も...

 

 

G-DRAGONは、そもそもBIGBANGのリーダーな訳であるが、その凄さは類稀なる芸術的才能にある。

 

 

12歳から6年間をYGエンターテインメントの練習生として過ごした後、2006年にBIGBANGとしてデビューするまでの間にも、その才能の片鱗は現れてきていた様で、シングル「Lie(Korean: 거짓말)」での最初のヒットを皮切りに、アルバム「Hot Issue」、シングル「Last Farewell」、アルバム「Stand Up」、シングル「Haru Haru」と音楽チャートの上位を占め、作曲家として有名になってきた経歴を持っている。

 

BIGBANGの殆どの楽曲の作曲に関わっており、リリースした楽曲の23曲が韓国デジタルガオンチャートで1位になるなど、文句の付けようのない実績を持っている。

 

 

そんな彼だが、最近はアルバムリリースに向けて動いていると言う情報もあるが、芸術家としての顔も目立ってきている。

 

 

↓ 関連情報を掲載

 

 

インスタグラムには芸術家としての顔が...

 

 

G-DRAGONのインスタグラムで度々投稿される芸術的作品が話題を呼ぶことが増えている様だ。

 

 

投稿される写真の中には、彼の自宅と思しき写真がいくつかあり、その中には自身で制作したであろう絵画作品も見られるなど、音楽家としての顔以外にも才能が垣間見れる様だ。実際に、2000年初期の大ヒットを繰り返し生み出してきたG-DRAGONは、ほぼその生活を楽曲印税収入で賄える様な状況にあり、年収14億ウォン(約1億3,000万円)の著作権収入があるとのレベルであり、その才能が認められていることは間違いないが、純粋に芸術的な活動を好んで続けていることが分かる。

 

良く音楽家としては成功するパターンとして、ビジネス的に優れた感覚を持つアーティストであるケースや、類稀なる芸術的な感性を持ち人々を魅了するケースがあるが、G-DRAGONは後者寄りの気質なのかも知れない。

 

 

ただ、BIGBANGとしては事件性のある報道も続くなど、難しい時期が続いていることも事実だが、彼のステージでの活躍をもう一度見たいと思っている人は私だけではないはずだ。今後の活躍に注目したい。

 

 

↓ 関連情報を掲載

 

 

あわせて読みたい記事:『BIGBANGのG-DRAGONや、BTS(防弾少年団) のRMも。トップアーティストの印税事情とは...』

※ 上記タイトルをクリックすると関連記事が読めます。

 

  

▲ Advertisement

 

 

今読まれている記事はこちら

 

 

新規登録・ログインして全ての記事を見る

音楽情報バイラルメディア「EVENING」は、音楽ニュースやアーティスト評価をお届けするWebメディアです。

 

Evening Music Records Inc.
Evening Music Records Inc.
Slider
Evening Music Records Inc.
Evening Music Records Inc.
Evening Music Records Inc.
Slider

運営者 Profile

EVENING編集部
EVENING編集部Webマーケティング編集部
音楽情報バイラルメディア「EVENING」

お仕事のご依頼や所属アーティストに関するお問合せは下記まで宜しくお願い致します。
mail: info@evening-mashup.com
問合せサイト: https://evening-mashup.com/contact

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

人気記事はコチラ×

どうしたらTikTok(ティックトック)でバズるのか…?おすすめに乗る確率の高い動画の作り方とは… 2019年4月6日 に投稿された 山口真帆暴行の主犯NGTメンバー特定!被害内容がヤバすぎ!削除動画&ツイート画像アリ 2019年1月11日 に投稿された 「世界で最も美しい顔100人」ツウィが再びアジアトップ TWICEから4人ランクイン 2019年1月3日 に投稿された BLACKPINK ジェニー と EXO カイの熱愛が発覚! 手つなぎデート写真が公開される 2019年1月3日 に投稿された 舐達麻の新曲「BUDS MONTAGE」が大注目を寄せる。MV配信についで、Apple Musicでも配信リリース開始。 2020年7月31日 に投稿された SixTONES 遂にデビュー決定!所属レーベルがソニーミュージックであることの意味とは… 2019年8月17日 に投稿された BTS(防弾少年団)「世界で最もハンサムな顔100人」にメンバー全員がランクイン!? 2018年12月31日 に投稿された チャートインはやっぱりあいみょん一色!Spotifyから見る今どきの若者の音楽トレンドとは… 2019年4月13日 に投稿された TikTokで最近流れてる心地よいメロディ曲「Way Back Home」。SHAUN(ショーン) シンプルなメロディが心地よい! 2019年1月27日 に投稿された BLACKPINK人気がすごい!日本ツアーの発表も!「Kill This Love」公開による992.9万再生で、YouTubeチャート週間アーティストランキング2位へランクアップ… 2019年4月20日 に投稿された
   

この記事の評価をお選びください。(回答 5ポイント進呈)

1:友人に薦めたいとは思わなかった2345678910:非常に友人に薦めたいと思った (4 投票, 平均: 9.00 / 10)

コメントを残す

EVENING 会員