Quote source:https://o-dan.net/ja/

イベント制限も段階的緩和へ... ライブハウスなど50%の動員が可能に。しかし楽観視はできない現実とは...

Seigo Ando( Evening Music Records )

※ 音楽制作と音楽ビジネス起業家のオンラインサロンはこちら

  

  

音楽ニュース記事はこちら

本記事は約3分で読めます

 

 

2020年、新型コロナウイルスの影響によって最もダメージを受けたと言っても良いのが、イベント業界である。

 

新型コロナの危険性が日本で騒がれはじめた2月頃から、イベント業界は、何よりも先に業務の停止を求められ、開催予定であったイベントの急遽延期や中止を迫られることになった。

 

そして、今日までいずれのイベントもコロナ以前のように万全な形で開催することはできず、イベント事業を手がける当事者は苦しんでいる。ただ、緊急事態宣言が発出され、それが解除されて以降は、徐々に感染状況にも変化が見られ、制限緩和も行われ始めている。

 

また、9月19日からは、政府の意向によってイベント制限のさらなる緩和が決定された。少なくともイベント会場の50%の動員は果たせる様になり、数多くのイベントにおいてリアルの会場への集客が可能になった。

 

さらに、イベント業界の中でも、ライブハウスという施設は特にダメージを受けた。新型コロナ感染が始まった初期の頃から、ライブハウス各地で感染者の続出が起きたために、世間からも厳しい目が注がれたのは記憶に新しい。

 

そもそもライブハウスという場所が、アンダーグラウンドで大衆的でない場所であるだけに、世間の厳しい目が当てられやすくもあったのは事実だ。

 

そして、今も尚ライブハウスが苦しんでいることは事実でもある。イベント制限緩和を受けて、今後ライブハウスは経営的にも持ち直していけるのだろうか...?

 

 

Advertisement

  

未だ万単位の規模のイベントは開催ができず、ライブハウスも”風評被害”から抜け出せず・・

 

 

イベント制限の緩和を受けても、勿論、突然イベント業界が以前のように立ち直れる訳ではない。

 

プロ野球では、1試合あたりに1万5千人程の観客が動員される様になっている。対して、音楽イベントは、まだ万単位の人を動員しての開催は見受けられない。そして、ライブハウスは、以前からある風評被害から抜け出せないでいる印象を拭えない。

 

勿論、国民それぞれの間で新型コロナの感染に対する危機意識はあって、まだライブハウスの様な場所に出掛けるのは少し怖いと感じる人が多くいることのも事実だろう。新型コロナウイルスの感染状況は、100%終息した訳では無いし、感染者の数は一向に減らないため、この様な心理が働くのは仕方のないことだろう。

 

然しながら、新型コロナウイルスの完全な終息まで人が戻ってこないとしても、その時まで全てのライブハウスが経営的に持ち堪えることができる訳ではない。彼らには彼らの、売上と言う経営を続けるために必要な数値があって、このコロナ禍による影響は今までにない被害をもたらしている。実際、ほとんどのライブハウスは経営が成り立たず、困窮している状況であるだろう。

 

音楽好きとしては、ライブハウスという場所を守りたい気持ちはあるが、無責任にイベントへの参加を促すこともできない。非常に難しいジレンマが、依然として続いている状況だ。

 

 

 

※ COVID-19 MUSIC DONATION: https://evening-mashup.com/music_donation

 

 

 

 

あわせて読みたい記事:『学生必見。どうしたら音楽業界の就活を成功できるか?あまり知られていないレコード会社の仕事とは...』

※ 上記タイトルをクリックすると関連記事が読めます。

 

 

▲ Advertisement

 

 

今読まれている記事はこちら

 

 

※ EVENINGオンラインサロンの詳細はこちら

  

 

掲載内容へのご要望はこちら

掲載内容に関するご要望をお聞かせください

メールアドレス

掲載記事に関するご要望

※ 編集部スタッフより内容に関してご連絡させて頂く場合がございます。

※ 全てのご要望内容にはお応えできない場合があることは予めご了承ください。

※ ご記入頂いた連絡先へ、広告を含むメールをお送りする場合がございます。

※ 送信前に利用規約Privacy Policyをご確認ください。ご利用には事前同意が必要です。

 

 

広告掲載はこちら

効果的なWebマーケティングなら

プラン詳細はこちらからご確認いただけます。ご購入前に必ずご確認ください。

 

 

※ 上記のボタンから決済完了後、当社編集部スタッフより1~2営業日以内に掲載までの流れのご案内をさせていただきます。

※ 広告プランは、EVENING広告掲載ページ( https://evening-mashup.com/home/qrated-trend )の内容に準拠いたします。

※ 決済完了後、個人プランまたは法人プランの適用が異なった場合は、適正な料金プランの決済処理をさせていただきます。

※ 各種ご質問は、下記連絡先までお問い合わせください。( info@evening-mashup.com

※ お申込み前に利用規約Privacy Policyをご確認ください。ご購入には事前同意が必要です。

 

 

 

 

新規登録・ログインして全ての記事を見る

音楽情報バイラルメディア「EVENING」は、音楽ニュースやアーティスト評価をお届けするWebメディアです。

 

Evening Music Records Inc.
Evening Music Records Inc.
Slider
Evening Music Records Inc.
Evening Music Records Inc.
Evening Music Records Inc.
Slider

運営者 Profile

Seigo Ando
Seigo AndoWebマーケティング事業部 / 編集部
音楽情報バイラルメディア「EVENING」

お仕事のご依頼や所属アーティストに関するお問合せは下記まで宜しくお願い致します。
mail: info@evening-mashup.com
問合せサイト: https://evening-mashup.com/contact

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

人気記事はコチラ×

どうしたらTikTok(ティックトック)でバズるのか…?おすすめに乗る確率の高い動画の作り方とは… 2019年4月6日 に投稿された 山口真帆暴行の主犯NGTメンバー特定!被害内容がヤバすぎ!削除動画&ツイート画像アリ 2019年1月11日 に投稿された 「世界で最も美しい顔100人」ツウィが再びアジアトップ TWICEから4人ランクイン 2019年1月3日 に投稿された SixTONES 遂にデビュー決定!所属レーベルがソニーミュージックであることの意味とは… 2019年8月17日 に投稿された BLACKPINK ジェニー と EXO カイの熱愛が発覚! 手つなぎデート写真が公開される 2019年1月3日 に投稿された 舐達麻の新曲「BUDS MONTAGE」が大注目を寄せる。MV配信についで、Apple Musicでも配信リリース開始。 2020年7月31日 に投稿された CNBLUE 日本デビュー10周年プロジェクト始動! 韓国でカムバックを果たした彼らが日本活動を本格化… 2021年1月22日 に投稿された FIVE NEW OLD、ドラマ「3Bの恋人」主題歌の新曲「Hallelujah」配信スタート!馬場ふみかと代官山デートも… 2021年1月22日 に投稿された 三浦春馬、2020年最も称賛されたアーティストの音楽活動とは… 2021年1月1日 に投稿された BTS(防弾少年団)「世界で最もハンサムな顔100人」にメンバー全員がランクイン!? 2018年12月31日 に投稿された
   

この記事の評価をお選びください。(回答 5ポイント進呈)

1:友人に薦めたいとは思わなかった2345678910:非常に友人に薦めたいと思った (3 投票, 平均: 8.67 / 10)

コメントを残す

EVENING 会員