TuneCore Japan 年間データをまとめた「MUSIC STATS 2023」公開

EVENING編集部

※ 会員登録で、限定記事の閲覧・ポイント獲得・NFT進呈企画への参加など、様々な優待をご利用いただけます。( 詳細はこちら )

 

  

コメントを投稿

本記事は約3分で読めます

※ 記事内容についてコメントしてみよう。「もっと見る・投稿する」をクリックするとコメント欄が表示されます。

利用規約を遵守し、良識のあるコメントを心がけましょう。

公開日:2024年5月13日

 

 

チューンコアジャパンが運営する音楽デジタルディストリビューションサービスTuneCore Japanが、2023年のサービスデータをまとめたMUSIC STATS 2023を公開した。


TuneCore Japanが例年この時期に発表している年間のデータをまとめたMUSIC STATSでは、今回、利用アーティスト/レーベルへの年間還元額や、TuneCore Japanが保有する様々な音楽流通データを元に2023年リリースされたベストアーティスト・楽曲もカタログとして発表されている。

 

 

2023年TuneCore Japan ミュージックカタログ

Music Stats 2023

 

2023年リリースされ最も再生数の多かったインディペンデントアーティストの楽曲やSNSで話題の曲をランキングするSpotify国内バイラルチャートにランクインした楽曲などをカタログとして公開。

 

百足&韻マンの「君のまま」、シャイトープの「ランデヴー」、NEEDY GIRL OVERDOSE,KOTOKO & Aiobahnの「INTERNET YAMERO」、SKRYU, WAZGOGG, Fuma no KTRの「How Many Boogie」など多くのアーティストがTuneCore Japanを通して世界に配信している。

 

 

2023年は155億円をアーティストへ還元額

Music Stats 2023

 

2023年のアーティストへの還元額は、155億円となり、126億円であった2022年の+21%の成長となった。

 

ダウンロード-9%や、リングトーン-5%減額するなか、ストリーミングは+18%と順調に成長した。国内でのストリーミング再生数シェア、還元額では3位を昨年より維持しており、サービスローンチから累計で547億円となっている。

 

また、海外からのTuneCore Japanアーティストへの還元額は19億円を超え、その割合は全体の約13%(前年12%)となり、過去最高額となった。その成長の要因としては、成長著しいショート動画による海外でのバイラルによる再生数の増加や、新規で追加されたMelon(韓国)、Vibe(韓国)ストアなどによるものとなっている。

 

 

▽ Ads

 

 

音楽市場の動向とTuneCore Japan

 

さらに、音楽市場全体の動向に目を向けると、引き続き日本国内および世界でともに成長している。

 

際レコード産業連盟(IFPI)が発表した2023年世界の音楽市場の売上は286億USドル(前年+10.2%)と過去2番目の成長率を記録。音楽配信においては、ダウンロード市場は前年に続き縮小傾向となっているが、ストリーミング配信が引き続き国内外で伸び続け市場を牽引、一般社団法人日本レコード協会が発表した2023年国内の音楽配信売上の合計は1,165億円(前年+11%)[*2]、中でもストリーミングの売上は日本国内で1056億円になっている(前年+14%)[*3]

 

た、特質すべきは、IFPIのレポートによる日本のデジタルミュジーックの市場は、ドイツを超えて4位になっており、またCD売上げも伸びているが、ストリーミング、ダウンロードとその他デジタルの売上を足すと、CDのみの売上(ビデオのDVD、アナログレコードを除く)を初めて超えているこれは、一旦のCD売上げの下げ止まりと、さらなるストリーミング時代への転換期だと言える

 

IFPIによると、世界の音楽ストリーミングサービスへの課金ユーザーは6億6700万人に到達し、前年+13.2%となっている。[*4]、ストリーミングの売上は世界で193億USドル(前年比110.4%)[*5]と伸長している。

 

そんななか、世界のインディペンデントアーティスト・レーベルの団体、Worldwide Independent Network (WIN) は昨年のレポートで、インディペンデントによるマーケットシェアは少なくとも40%を超えており、新譜の80%は彼らによるものとレポートしている。

 

TuneCore Japanの利用者の成長率は、市場平均の成長率を上回っていることにより、日本国内でもインディペンデントアーティスト、レーベルの躍進が続いていると言えるだろう。

 

 

▽ Ads

 

 

2024年もインディペンデントアーティストが活躍できる世界を

 

TuneCore Japanは、2024年もアーティストがより使いやすいサービスを目指し、さらなる開発・改善に取り組むとともに、様々なプロジェクトや企画も積極的に展開し、今まで以上にインディペンデントアーティストが活躍できる世界を目指していくとのことだ

 

*1: Oricon Research Inc 統計情報より
*2 *3: 一般社団法人日本レコード協会統計情報より
*4 *5: IFPI Global Music Report 2023 より

 

■ Music Stats & Music Catalog 2023
https://www.tunecore.co.jp/music-stats/2023

 

 

 

EVENING会員登録で、会員限定の音楽業界の最新トレンドや特典が手に入ります。

 

記事を読んだり、ログインすると、限定特典を貰えるポイントが貯まります。全ての豪華特典が手に入るプラチナ会員登録はこちらから。

 

すべての記事が読み放題。初回1ヶ月無料

会員登録で記事を読むとポイントが貯まる(詳細はこちら

※ 会員登録で、限定記事の閲覧・ポイント獲得・NFT進呈企画への参加など、様々な優待をご利用いただけます。( 詳細はこちら )

あわせて読みたい記事: フジテレビ新音楽番組「M_IND」へ TuneCore Japanがスポンサーに! たかやん, 舐達麻, Repezen Foxx等がパフォーマンス

※ 上記タイトルをクリックすると関連記事が読めます。

 

Slider

  

▲ Including ads

 

今読まれている記事

 

 

新規登録・ログインして全ての記事を見る

EVENINGは、最新の音楽関連情報をお届けするウェブメディアです。

 

Slider

新着記事はこちら

関連記事はこちら

投稿者

EVENING編集部
EVENING編集部Evening Music Records Inc.
注目の音楽情報をいち早くお届け。

最新トレンドや今気になるアーティストをピックアップし、わかりやすくお伝えしていきます。定期更新の特集企画もお楽しみに。

最新情報はTwitter、撮り下ろし写真はInstagram、オリジナル動画はYouTubeをチェック。

人気記事はコチラ×

音楽 サブスク 【音楽サブスク比較 2024年】どのサービスが音質が良いのか徹底検証! 2023年5月6日 に投稿された 山口 真帆 山口真帆 事件の主犯NGTメンバー特定!被害内容がヤバい!削除動画あり 2019年1月11日 に投稿された TWICE ツウィ 世界で最も美しい顔100人 ツウィがアジアトップ!TWICEからサナも 2019年1月3日 に投稿された Tyla Tylaのデビューアルバム収録曲「Jump」のMVがついに公開 2024年5月23日 に投稿された WANIMA WANIMA主催フェス「1CHANCE FESTIVAL 2024」の第1弾出演者が決定 2024年5月19日 に投稿された GReeeeN 顔 紅白 GReeeeN、初の顔見せか? 拡張現実(AR)を使ったリアルな演出とは 2021年1月1日 に投稿された LET ME KNOW こんなバンドを求めていた! 2023年結成の新生バンド『LET ME KNOW』 2024年4月13日 に投稿された 音楽 web3 Spotifyでサブスク音楽再生回数を伸ばすための戦略3選とは 2024年1月5日 に投稿された Mummy-D Mummy-Dのソロアルバムから「Bars of My Life」のMVがYouTubeで公開 2024年5月23日 に投稿された BLACKPINK 韓国 KPOP 世界を熱狂させる「K-POP」を支える戦略的なマーケティングとは 2021年7月3日 に投稿された
   

この記事の評価をお選びください。(回答 5ポイント進呈)

1:友人に薦めたいとは思わなかった2345678910:非常に友人に薦めたいと思った (1 投票, 平均: 10.00 / 10)