“ボヘミアン”超えなるか? The Beatlesを題材にした映画 “YESTERDAY” 公開まであとわずか!

Mizuna Koga(Evening Music Records株式会社)

※ 音楽クリエイター事務所「BOOOM」所属により、クリエイター同士の楽曲制作機会を提供します。

 

 

Queenの次はThe Beatlesか…と思ってしまったそこのあなた!

 

2019年10月11日に日本で公開される映画 “YESTERDAY”は、2018年から2019年にかけて大ヒットした映画 “ボヘミアン・ラプソティ”とは一味違った魅力を持つ仕上がりになっています。

 

 

 

 

今秋、”The Beatles” を題材にしたファンタジー・コメディー映画 “YESTERDAY” が公開!

 

 

“The Beatles” を題材にしたファンタジー・コメディー映画、”YESTERDAY” が2019年10月11日に公開します。現地イギリスでは6月28日から公開しており、レビューサイトの観客スコア90%を叩き出すなど満足度の高い作品です。

 

 

-もしも自分以外の全ての人が “The Beatles” を知らなかったら…?

 

作品の舞台はイギリスの小さな海辺の町。主人公のシンガーソングライターは交通事故に遭い、昏睡状態に。目を覚ますと、”The Beatles” が存在しない世界へと変容してしまっていた。彼はビートルズの音楽を演奏することでたちまちスターに。そこに絡む夢・友情・恋愛…

 

 

これまでのバンド映画の、”アーティストの栄枯盛衰を赤裸々に公開する”といったテイストから逸脱した新鮮味のある作品です。

(参考: 映画YESTERDAY公式HP https://yesterdaymovie.jp/)

 

 

Slider

 

 

どうしてまたしても過去のロックバンドを題材にするのか…?

 

 

昨今往年のロックアーティストを題材にした作品が多く制作される傾向にありますが、これはアメリカ・イギリスなどでロックミュージックが衰退していることも要因として考えられます。かつての良質な音楽、かつての熱狂に対する懐古心が芽生えているのかもしれません。

 

また次の項目にも記載するように、過去のアーティストを取り上げることによって副次的な利益や効果を得られることも期待できることも作品制作における理由の一つではないでしょうか。

 

本作品の大きな特徴は、”The Beatles”というロックバンドの知名度や音楽性について絶対的な信頼を置いていること・ファンタジックな要素と音楽的な要素を融合させたことにあるでしょう。

 

 

 

 

映画公開に際して新たな効果も…

 

 

イギリスなど海外ではすでに映画が上映されていますが、すでに副次的な効果が出始めています。なんと、映画の公開を受けて The Beatles の名曲が全米ロックソングチャートで再浮上。映画が公開された6月28日の週には彼らの作品のセールスがが前週比約26%増加しました。また、映画公開から一週間で、オンデマンドサービスでのそうストリーミング再生回数が前週比17%増加したとの報告もなされています。

 

 

映画をきっかけに人々のビートルズ熱が再来。日本での上映はどのような影響を及ぼすでしょうか。楽しみです。

(参考: discovermusic.jp 「映画『イエスタデイ』公開を受け、ビートルズの名曲の数々が全米チャートに急浮上」 https://www.udiscovermusic.jp/news/yesterday-beatles-us-chart-revival )

 

 

また、こんなニュースも。海外でもまだYESTERDAYの熱が冷め止まぬ2019年9月29日に、ビートルズの直系遺伝子を受け継ぐバンド、ザ・ミスティーズが2作目となるシングルを公開しました。10月9日にはデビューアルバムをリリースするとの発表もすでになされています。これまで他のアーティストのために作詞やプロデュースを行ってきたザ・ミスティーズが自身のアルバム制作に取り掛かったのは今から6年前。アルバムの発売日はYESTERDAYの公開や影響を考えてのことだとも考えられます。

 


こだわりの強い、聞き応えのある楽曲を早く手にしたいですね。

 

 

運営会社: Evening Music Records株式会社

 

 

※ 音楽ベンチャーでの有給インターンはこちらから

※ 音楽クリエイターの登録はこちらから

※ Webサイト制作やタイアップ記事掲載はこちらから

 

↓ EVENINGプレミアム会員登録はこちらから

(※ 会員限定記事や限定イベントを優待)

※ iTunes 関連楽曲はこちら

 

 

あわせて読みたい記事:「関ジャニ5人になって初のドラマタイアップ!さらに話題の全国ツアーの日程がやばい?」

※ 上記タイトルをクリックすると関連記事が読めます。

 

 

※ 音楽クリエイター事務所「BOOOM」所属により、クリエイター同士の楽曲制作機会を提供します。

  

 

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます

 

 

人気コメンター

 

 

新規登録・ログインして全ての記事を見る

EVENINGは「エンタメを、もっとおもしろく。」するバイラルメディアです。最新のエンターテインメント情報を見たい方は、新規登録より全ての記事をご覧いただけます。

 

広告
広告
広告
広告
広告
previous arrowprevious arrow
next arrownext arrow
Slider

新着記事はこちら

人気の記事はこちら

運営者 Profile

Mizuna Koga
Mizuna KogaEvening Music Records株式会社 Webマーケティング事業部
音楽情報バイラルメディア「EVENING」

お仕事のご依頼や所属アーティストに関するお問合せは下記まで宜しくお願い致します。
mail: info@evening-mashup.com
問合せサイト: https://evening-mashup.com/contact

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

Facebook Comments