きゃりーぱみゅぱみゅの成功の秘訣:マーケティング展開とヒットの理由

EVENING編集部( Evening Music Records )

※ 会員登録で、限定記事の閲覧・ポイント獲得・NFT進呈企画への参加など、様々な優待をご利用いただけます。( 詳細はこちら )

 

  

限定情報を手に入れるには...

Web3 音楽コミュニティへの参加はこちら

※ 記事内容についてコメントしてみよう。「もっと見る・投稿する」をクリックするとコメント欄が表示されます。

利用規約を遵守し、良識のあるコメントを心がけましょう。

 

 

きゃりーぱみゅぱみゅは、日本の音楽アーティストとしては異色の存在であり、事前の市場調査を元にマーケティング展開を行い、世の中の認知獲得に成功した代表的な事例の一つとして挙げられます。

 

きゃりーぱみゅぱみゅの誕生は、ファッション雑誌「KERA」の読者モデルとしてデビューしたことがきっかけです。その後、音楽プロデューサーの中田ヤスタカとの出会いを経て、2011年にシングル「PONPONPON」でデビューし、同曲で注目された可愛らしいキャラクターや奇抜なファッション、カラフルなビジュアルなどが話題となり、日本だけでなく海外でも注目を集めました。

 

このようなきゃりーぱみゅぱみゅのヒットの要因は、以下のような効果的なマーケティング展開があったためだと考えられます。

 

 

1. ターゲット層の明確化

 

きゃりーぱみゅぱみゅの音楽は、主に若い女性をターゲットにしファン層を拡大してきた実績があります。

 

デビュー当時は、ファッション雑誌「KERA」の読者モデルとしての活動や、彼女自身の可愛らしいキャラクターやファッションなどが世間に注目されるなど、ターゲット層の心をつかむ要素を積極的に取り入れたアーティストとしてのブランディングに成功したと言えます。

 

実際、きゃりーぱみゅぱみゅ自身は、意識的にこれらの全てを行った訳ではないかも知れませんが、所属事務所やプロデューサー側の戦略として、デビュー当時の彼女の持つアーティストとしての魅力を世の中に効果的に認知しファンになってもらうかを考え、主要なターゲット層を設定した上でのブランディングに成功した事例と言えるでしょう。

 

 

2. オンラインプラットフォームの活用

 

きゃりーぱみゅぱみゅは、YouTubeやニコニコ動画などのオンラインプラットフォームを積極的に活用してきました。特に、「PONPONPON」のミュージックビデオは、奇抜なビジュアルと共に多くの再生回数を獲得し、多くの収益を生み出したと言えるでしょう。

 

現在では、彼女のデビュー当時以上に多様化した数々のプラットフォームが存在しますが、これらを上手く活用することが成功への近道と言えるでしょう。

 

 

3. インターネットを活用したプロモーション

 

きゃりーぱみゅぱみゅは、SNSを中心にインターネットを活用したプロモーションを展開してきました。特に、Twitterを活用して、ファンとのコミュニケーションを積極的に取り、ファンの支持を得たり、Instagramでの彼女のファッション性に感化されたファンは多数いたと言えるでしょう。

 

 

以上のようなマーケティング展開により、きゃりーぱみゅぱみゅは多くのファンを獲得し、日本だけでなく海外でも話題を呼び、認知度を高めることに成功したアーティストと言えます。

 

 

↓ 関連情報を掲載

↓ Ads

 

 

きゃりーぱみゅぱみゅのヒット要因とは?

 

 

また、きゃりーぱみゅぱみゅがヒットした理由としては、以下のような要因が挙げられると考えられます。

 

 

1. 奇抜なキャラクターとファッション

 

きゃりーぱみゅぱみゅは、可愛らしいキャラクターや奇抜なファッションを特徴としており、その個性的な世界観が注目を集めました。特に、「PONPONPON」のミュージックビデオでは、色彩豊かな世界観や奇抜な衣装、独特なダンスなどが話題となり、多くの人々の興味を引き、活動初期での大きな注目を集めました。

 

一目見て分かる、そのアイコン性とともに、彼女のキャラクターが世の中に受け入れられ、一気にその存在が拡散された事例です。世の中に広く受け入れられることは言葉以上に難しいことですが、個性的なキャラクターとしての存在感と、楽曲の裏に隠された確りとしたアーティスト性のバランス感覚は、素晴らしい采配と言えるでしょう。

 

 

2. 中田ヤスタカのプロデュース

 

きゃりーぱみゅぱみゅは、中田ヤスタカがプロデュースしたことも注目を集めた理由のひとつと言えるでしょう。中田ヤスタカは、PerfumeやCapsuleなど、他のアーティストでもヒット作を生み出しており、彼が手がけた楽曲には高い評価があります。彼の音楽性がきゃりーぱみゅぱみゅの個性的な世界観とマッチしたことが、彼女の成功につながったと考えられます。

 

実際、彼女の楽曲は、そのキャラクターに合致したプロデュースが成されており、楽曲を聴いたリスナーは、その可愛らしいイメージそのままの雰囲気に浸ることができる楽曲の世界観を受け取ることができ、適切な演出が施されていると言えます。言うは易しですが、実際の楽曲やMVの中で、作品としてそれを実現してしまうプロデュース能力には、脱帽と言えるでしょう。

 

 

3. オンラインプラットフォームでの拡散

 

きゃりーぱみゅぱみゅは、YouTubeやニコニコ動画などのオンラインプラットフォームでの拡散によって、多くの人々の目に触れることで、多くのファンの認知とその人気を集めました。特に、「PONPONPON」のミュージックビデオなど、複数の作品において多くの再生回数を獲得し、彼女の名前を世界に知らしめることに成功してきました。

 

成功を収めるアーティストに共通点として、Webマーケティングを効果的に活用するセルフプロデュース力が高い点が挙げられるでしょう。アーティスト自身が、世の中にどのように映るのかを意識し、ファンが抱いて欲しい印象や感情を実現するには、どのプラットフォームで表現すれば良いのかを、意識的または無意識にこなしてしまうスキルが、今後も求められるでしょう。

 

 

 

このように、きゃりーぱみゅぱみゅが事前の市場調査を元にマーケティング展開を効果的に行い、世の中に認知獲得に成功したことは、彼女が持つ個性的な世界観や、オンラインプラットフォームの活用、中田ヤスタカのプロデュースなど、さまざまな要因が重なった結果であると言えます。

 

 

↓ Ads

 

 

今後の更なる活躍に向けて

 

 

きゃりーぱみゅぱみゅは、これまでに独特なキャラクター性とポップな音楽性で多くの人気を獲得してきましたが、今後も彼女が人気を維持し、さらに拡大するためには、一案ではありますが以下のような楽曲が求められると想定されるでしょう。

 

 

1. 新しい音楽スタイルの導入

 

きゃりーぱみゅぱみゅはこれまでに、エレクトロニックミュージックをベースにした楽曲を多く発表してきましたが、今後はそれに加えて、新しい音楽スタイルを取り入れることが重要となるでしょう。例えば、アコースティックな楽器を使用した楽曲や、さまざまな音楽ジャンルを融合した楽曲など、これまでにない試みは彼女の新たな魅力を見せてくれるでしょう。

 

 

2. アーティストとしての成長を表現する楽曲

 

きゃりーぱみゅぱみゅは、今までの楽曲で明るくポップな世界観を表現してきましたが、今後は彼女自身の成長や深化した感情を表現した楽曲も求められるでしょう。例えば、失恋や別れをテーマにした楽曲や、社会問題について歌った楽曲などが考えられます。アーティストとしての表現力はさることながら、その影響力を持って、世の中にポジティブな影響や共感を呼ぶメッセージを伝えることで、音楽の意義を体現できるでしょう。

 

 

3. 海外進出を意識した楽曲

 

彼女は、海外でも人気が高く、世界的に活躍する日本のアーティストの一人です。今後も彼女が海外でさらに人気を獲得するためには、英語詞の楽曲や、海外のアーティストとのコラボレーションなど、海外のリスナーにアピールする楽曲を展開することで、活躍の幅や新たな一面を今まで以上に世の中に届けることができるでしょう。

 

 

 

本記事では、きゃりーぱみゅぱみゅのマーケティング展開とヒットの要因について考察しましたが、今後の彼女の動向にますます注目していきたいですね。

 

 

 

 

--

⬇ マーケティング支援のご案内

 

EVENINGでは、ブランド戦略策定やターゲット調査などのマーケティング全般のご支援をはじめ、SNSフォロワー数の拡大や音楽ストリーミングサービスの収益拡大などもサポートさせて頂いております。法人・個人のお客様ともに、ご相談は無料です。お問い合わせは以下のフォームよりご連絡ください。

 

お名前(必須)

メールアドレス(必須)

ご相談内容(任意)

※ お問合せ前に利用規約Privacy Policyをご確認ください。お問い合わせには事前同意が必要です。

※ お問い合わせ後、1~2営業日以内に、当社スタッフよりご連絡させて頂きます。

 

すべての記事が読み放題。初回1ヶ月無料

会員登録で記事を読むとポイントが貯まる(詳細はこちら

※ 会員登録で、限定記事の閲覧・ポイント獲得・NFT進呈企画への参加など、様々な優待をご利用いただけます。( 詳細はこちら )

 

 

あわせて読みたい記事:『デジタル化に伴う音楽産業の変化や、音楽配信プラットフォームとレコード会社との収益分配の課題とは』

※ 上記タイトルをクリックすると関連記事が読めます。

 

Slider

  

▲ Including ads

 

今読まれている記事はこちら

 

 

新規登録・ログインして全ての記事を見る

音楽情報バイラルメディア「EVENING」は、音楽ニュースやアーティスト評価をお届けするWebメディアです。

 

Slider

新着記事はこちら

Slider

関連記事はこちら

投稿者

EVENING編集部
EVENING編集部Evening Music Records Inc.
注目の音楽情報をいち早くお届け。

最新トレンドや今気になるアーティストをピックアップし、わかりやすくお伝えしていきます。定期更新の特集企画もお楽しみに。

最新情報はTwitter、撮り下ろし写真はInstagram、オリジナル動画はYouTubeをチェック。

人気記事はコチラ×

山口 真帆 山口真帆 事件の主犯NGTメンバー特定!被害内容がヤバい!削除動画あり 2019年1月11日 に投稿された 音楽 サブスク 【音楽サブスク比較 2024年】どのサービスが音質が良いのか徹底検証! 2023年5月6日 に投稿された TWICE ツウィ 世界で最も美しい顔100人 ツウィがアジアトップ!TWICEからサナも 2019年1月3日 に投稿された LET ME KNOW こんなバンドを求めていた! 2023年結成の新生バンド『LET ME KNOW』 2024年4月13日 に投稿された IVE IVE対IVE ダブルタイトル曲「Accendio」のコンセプトは魔法少女!? 2024年5月18日 に投稿された GReeeeN 顔 紅白 GReeeeN、初の顔見せか? 拡張現実(AR)を使ったリアルな演出とは 2021年1月1日 に投稿された Spotify RADAR: Early Noise Stage 「Spotify RADAR: Early Noise Stage」サマソニ 2024 で実施決定! 2024年5月18日 に投稿された ジェニー カイ BLACKPINK ジェニー と EXO カイの熱愛が発覚!手つなぎデート写真も 2019年1月3日 に投稿された Taylor SwiftがTumblr投稿して話題となった、大物音楽マネージャーScooter Braunからの嫌がらせとは…? 2019年7月9日 に投稿された グッバイ宣言 グッバイ宣言、TikTokでバズる理由?「引き籠り 絶対 ジャスティス」の歌詞とは 2021年2月14日 に投稿された
   

この記事の評価をお選びください。(回答 5ポイント進呈)

1:友人に薦めたいとは思わなかった2345678910:非常に友人に薦めたいと思った (まだ評価がありません)