タリバンの権力掌握、カブール空港では大混乱も。厳格な罰則や音楽なども禁止か... アフガニスタンの今とは

EVENING編集部( Evening Music Records )

※ 会員登録で限定記事の閲覧やお得なポイント獲得をいただけます。( ポイントシステムはこちら )

 

  

本記事のコメントを投稿...

本記事は約3分で読めます

※ 記事内容についてコメントしてみよう。「もっと見る・投稿する」をクリックするとコメント欄が表示されます。

利用規約を遵守し、良識のあるコメントを心がけましょう。

 

 

アフガニスタンで、反政府武装勢力 タリバンが首都カブールに進攻し、日本時間の8月16日の早朝、政府に対する勝利を宣言した。加えて、ガニ大統領は出国し、政権は事実上の崩壊している。

 

タリバンは今月8月に入り次々と州都を制圧していき、8月13日には南部の第2の都市 カンダハルを制圧、8月14日には北部の要衝マザリシャリフなどを、8月15日には東部ナンガルハル州など合わせて6つの州都を制圧した。加えて、9割余の31の州都を支配下に置き、首都カブールに進攻した後、8月16日には政府に対する勝利宣言を行なったのだ。

 

 

ただ、この「タリバン」だが、どの様な組織なのだろうか...。



タリバン自体は、旧ソビエト軍撤退後の内戦で国内が疲弊していた最中の1994年にアフガニスタン南部で結成された歴史を持つ。言語的には、タリバンとは、イスラム教を学ぶ「神学生」という意味で、隣国パキスタンのイスラム神学校で教育を受けた学生たちが「真のイスラム国家の樹立」を掲げて結成した背景があり、当時、
勢力を急速に拡大しながら、1996年には首都カブールを制圧して政権を樹立し、国土のほとんどを支配下に置いている。

 

彼らは、イスラム教を極端に厳しく解釈し女性の就労や教育を制限したり、2001年には「偶像崇拝はイスラム教の教えに反する」として世界的な仏教遺跡であるバーミヤンの大仏を爆破し国際的な批判を浴びるなど、特有の思想で行動を取ってきた歴史がある為、今回の政権掌握により当時の様な状況が再び訪れるのでは....と危惧する声も上がっている。

 

また、2001年のアメリカ同時多発テロ事件では、首謀者である国際テロ組織アルカイダのオサマ・ビンラディン容疑者の身柄の引き渡しを拒否するなど米国への反対姿勢を見せた為、アメリカ軍などのアフガニスタンへの軍事作戦を踏み切らせ、結果、当時タリバン政権は崩壊した。

 

 

カブール空港での民衆の混乱...

 

 

タリバンが制圧した首都カブールでは、米国は大使館員などを優先的に退避させるため、8月16日にカブール国際空港を管理下に置いた。

 

また、この様な状況下で、タリバンを逃れようと必死のアフガニスタン市民が飛行機によじ登ろうとするなど、カブール空港では大混乱が発生している。民間人が少なくとも3人は死亡するなど、その混乱は続いており、離陸する米空軍機などにしがみつこうとした人も多く発生しており、それ程に今回の変化から逃れようと考えている人の様子が伺える。

 

実際に、アフガニスタンのメディアが入手した映像には、滑走を始める飛行機の脇にしがみつく人たちの姿が映っている。

 

 

↓ 関連動画を掲載

 

 

今後予想される未来と今できる事とは...

 

 

今後のアフガニスタンでは、タリバン政権が主導権を握り、再び彼らが正しいと考える世の中が広まる流れが想定される。2000年初めの頃に統制が敷かれたテレビや音楽・映画などの禁止が、今回も実現となるかも知れず、市民にとっては少なからず変化を強いられる可能性が高い状況にあるのだ。

 

また、以前、イスラム原理主義勢力であるタリバン政権下にあったアフガニスタンでは音楽を楽しむ事が禁止されてきた歴史があり、近年でも一部の地域では音楽店を狙った襲撃が起きたり、服装や髪型を理由にしたミュージシャンに対する差別も残っているなど、文化的な制限も大きくあった。

 

この様に、日常生活レベルでの制限が発生したり、厳格な刑罰が導入されたり、文化的な楽しみや趣向でさえも制限が課される様な未来が想像できる為、アフガニスタン市民は脱出したいという気持ちを強く抱くのだろう。

 

歴史的な主義主張の違いから発生する対立などを容易に解決する事は難しいが、そこで暮らす人々が安全で心身ともに健康的な生活を送る事が出来る状況をまずは願いたい

 

 

アンケートご回答のお願い:

EVENINGメディアの改善にご協力をお願いします。

毎月抽選でAmazonギフト券 500円を進呈(ご回答はこちら )

EVENING編集部

※ 会員登録で限定記事の閲覧やお得なポイント獲得をいただけます。( ポイントシステムはこちら )

 

 

あわせて読みたい記事:『大坂なおみ選手に「日本人なのか?」オーストラリア紙が五輪最終聖火ランナーを「不適任」指摘... 各国メディアで批判も』

※ 上記タイトルをクリックすると関連記事が読めます。

 

Slider

  

▲ Including ads

 

今読まれている記事はこちら

 

 

新規登録・ログインして全ての記事を見る

音楽情報バイラルメディア「EVENING」は、音楽ニュースやアーティスト評価をお届けするWebメディアです。

 

Slider

新着記事はこちら

Slider

関連記事はこちら

投稿者

EVENING編集部
EVENING編集部Evening Music Records Inc.
注目の音楽情報をいち早くお届け。

最新トレンドや今気になるアーティストをピックアップし、わかりやすくお伝えしていきます。定期更新の特集企画もお楽しみに。

最新情報はTwitter、撮り下ろし写真はInstagram、オリジナル動画はYouTubeをチェック。

人気記事はコチラ×

音楽 サブスク 【音楽サブスク比較 2024年】どのサービスが音質が良いのか徹底検証! 2023年5月6日 に投稿された 山口真帆 山口真帆 事件の主犯NGTメンバー特定!被害内容がヤバい!削除動画あり 2019年1月11日 に投稿された 交響ラップ 交響ラップ、ラッパーの感性とクラシック音楽が出会うステージとは 2024年7月18日 に投稿された ©︎ ちゃんみな ちゃんみな、8月9日に新曲「NG」リリース!ジャケット写真も公開 2024年7月18日 に投稿された TWICE ツウィ 世界で最も美しい顔100人 ツウィがアジアトップ!TWICEからサナも 2019年1月3日 に投稿された keshi keshiが2年ぶりの新曲「Say」を発表!ファンから歓喜の声届く 2024年7月17日 に投稿された BLACKPINK 韓国 KPOP 世界を熱狂させる「K-POP」を支える戦略的なマーケティングとは 2021年7月3日 に投稿された LET ME KNOW こんなバンドを求めていた! 2023年結成の新生バンド『LET ME KNOW』 2024年4月13日 に投稿された スカイピースの新ユニット 青春シュワシュワクラブへの批判のワケとは… 2019年8月3日 に投稿された 音楽 web3 Spotifyでサブスク音楽再生回数を伸ばすための戦略3選とは 2024年1月5日 に投稿された
   

この記事の評価をお選びください。(回答 5ポイント進呈)

1:友人に薦めたいとは思わなかった2345678910:非常に友人に薦めたいと思った (2 投票, 平均: 8.00 / 10)

タリバンの権力掌握、カブール空港では大混乱も。厳格な罰則や音楽なども禁止か… アフガニスタンの今とはへ1件のフィードバックがあります。

    • C.Karter

    自国で生活していることに改めて安心と平和を感じる一方、同じ星に生きていると考えた時に一人一人が本当に望む国づくりとは一体何で、この国に住んでいながらにして何をしてあげられるものかと考えさせられる出来事だと感じる。

    2021年8月21日 3:34 PM