オジー・オズボーン もブチギレ...!? 楽曲無断使用のトランプ大統領に抗議した理由とは...

Hana Sudo(Evening Music Records株式会社)

 

 

イギリスのミュージシャン、Ozzy Osbourne(オジー・オズボーン、以下オジー)のCrazy Train(クレイジー・トレイン)と言えば、ロック好きで知らない者はいないとされるイントロをもつ名曲であるが、このアンセムをアメリカのDonald J. Trump大統領(以下トランプ大統領)が無断使用し、オジーの妻Sharon Osbourne(シャロン・オズボーン、以下シャロン)がInstagramを通じて抗議したことが話題になっている。

 

事の発端は2019年6月27日、トランプ大統領がTwitter投稿で、MSNBC で放送された2020年大統領選挙の民主党主要候補者の討論会中に起きた映像トラブルを、揶揄したことである。この投稿には動画がついており、映像トラブルのさなか、Crazy Trainとともにトランプ大統領が登場する、という内容になっている。

 

 

 

 

トランプ大統領の楽曲無断使用の過去とは...

 

 

これを受けて、かねてからトランプ不支持を公言していたシャロンはInstagramを更新、オジーとの連名で、トランプ大統領を含めて政治家によるオジーの曲の政治目的の使用禁止を告知するとともに、トランプ大統領が代わりに協力を仰ぐべきミュージシャンとして、トランプ支持者として有名なKanye West(カニエ・ウェスト)、Kid Rock(キッド・ロック)、Ted Nugent(テッド・ニュージェント)を推薦した。

 

このニュースに見覚えのある読者も多いと思われるが、それもそのはず、トランプ大統領は過去にも、Queen(クイーン)、Neil Young(ニール・ヤング)、R.E.M.、 Aerosmith(エアロスミス)、Guns N’ Roses(ガンズ・アンド・ローゼズ)、Rihanna(リアーナ)、 Pharrell Williams(ファレル・ウィリアムズ)、 Adele(アデル)等、そうそうたる顔ぶれのミュージシャンに楽曲無断使用を批判されている。

 

 

リアーナをはじめとするトランプ大統領との戦いとは...

 

 

また、過去にトランプ大統領に対して楽曲無断使用を指摘したアーティストらの言葉の一部を、改めて拙訳とともにまとめておく。

 

 

・Axl Rose(アクセル・ローズ、Guns N’ Rosesのボーカル):

“Trump administration along w/the majority of Republicans in Congress n’ their donors that support him 4 their own agendas r doing r nation a disservice.” (トランプ政権と共和党議員の大半、そしてその支持者はアメリカに害を与えている)

 

 

・Michael Stipe(マイケル・スタイプ、R.E.M.のボーカル):

“Do not use our music or my voice for your moronic charade of a campaign`(私たちの音楽、私の声を馬鹿げた茶番に使うな)

 

 

 ・Rihanna:

“me nor my people would ever be at or around one of those tragic rallies”(そういう最悪な集会やその周りに私たちがいることはあり得ない)

 

 

 

過激な発言や行動で知られるトランプ大統領とミュージシャンとの衝突は、楽曲無断使用が続けられる限り、まだまだこれからも起こりそうな予感だ。

 

 

企画・編集: Evening Music Records株式会社

 

 

※ iTunes 関連楽曲はこちら

 

 

あわせて読みたい記事:「YG麻薬事件で浮き足立つ韓国芸能事務所...SMエンタ、JYP、Big Hitの次なる一手は…K-POPを仕掛けるプロデューサーの思惑とは...」

※ 上記タイトルをクリックすると関連記事が読めます。

 

 

  

 

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます

 

▼Evening Music Records代表のブログ記事はこちらから

▼ブログランキングへの応援はこちら(人気ブログランキング公式サイト

 

 

人気コメンター

 

 

新規登録・ログインして全ての記事を見る

EVENINGは「エンタメを、もっとおもしろく。」するバイラルメディアです。最新のエンターテインメント情報を見たい方は、新規登録より全ての記事をご覧いただけます。

 

新着記事はこちら

運営者 Profile

Yuki Matoba
Yuki MatobaEvening Music Records株式会社 CEO 兼 音楽制作部門
音楽情報バイラルメディア「EVENING」

音楽とテクノロジーで新しいビジネスを展開しています。
お仕事のご依頼や所属アーティストに関するお問合せは下記まで宜しくお願い致します。
mail: yuki-matoba@evening-mashup.com
問合せサイト: https://evening-mashup.com/contact

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

Facebook Comments

人気記事はコチラ×

どうしたらTikTok(ティックトック)でバズるのか…?おすすめに乗る確率の高い動画の作り方とは… 2019年4月6日 に投稿された 「世界で最も美しい顔100人」ツウィが再びアジアトップ TWICEから4人ランクイン 2019年1月3日 に投稿された 米津玄師がついにサブスク解禁!「Lemon」「パプリカ」など国民的ヒットソングを発信した彼のプレイリストを聴こう。 2020年8月5日 に投稿された SixTONES 遂にデビュー決定!所属レーベルがソニーミュージックであることの意味とは… 2019年8月17日 に投稿された 米津玄師×Foorin対談が実現!楽曲『パプリカ』を通じて出会った2組とは… 2020年8月8日 に投稿された 米津玄師が「FORTNITE」で世界同時公開バーチャルイベントを開催!独自の世界観で世界中の観客を魅了… 2020年8月10日 に投稿された 舐達麻の新曲「BUDS MONTAGE」が大注目を寄せる。MV配信についで、Apple Musicでも配信リリース開始。 2020年7月31日 に投稿された ニューヨークでInstagramのインフルエンサーのビアンカ・デヴィンズが殺害され、画像が出回る…ネット社会の問題とは… 2019年7月20日 に投稿された 嵐のファンクラブ年会費が月割りに? ユーチューブ解禁やTikTokも… 2019年10月22日 に投稿された BTS V・キムテヒョンのソロ曲「Inner Child」のメッセージが深いワケ… 2020年3月15日 に投稿された
   

この記事の評価をお選びください。(回答 5ポイント進呈)

1:友人に薦めたいとは思わなかった2345678910:非常に友人に薦めたいと思った (まだ評価がありません)

EVENING 会員