新型コロナによるアーティストへの影響は... Snow ManやNovelbrightも

EVENING編集部( Evening Music Records )

※ 音楽制作と音楽ビジネス起業家のオンラインサロンはこちら

  

音楽ニュース記事はこちら

本記事は約3分で読めます

 

 

2020年初めから感染流行が始まった新型コロナウイルスだが、音楽業界に与える影響が大きいことは周知の事実だろう。

 

 

それは音楽を生業にするアーティストでも同じで、活動自体の継続が危ぶまれる事になる場合も多く、業界全体として一刻も早くこの状況を脱する必要がある叫ばれて久しい。ただ、新型コロナウイルス感染が収束し、流行前と同じ様にライブ活動ができるのか、従来の音楽活動と同じ状況に戻るのかは予測が難しく、アーティストとしても今後の活動に不安を抱えているのは事実だろう。

 

大手ビールブランドのバドワイザーが2020年6月13〜15日の期間に実施した "コロナ禍と音楽に関する調査" では、衝撃的な結果が得られている。同調査は10〜40代のアーティスト200名を対象に行われたが、「コロナ禍の影響でアーティストの2人に1人が活動を諦めようと思っている」と回答しているのだ。

 

このご時世、生ライブは開催できず、頼みの綱はオンラインでの活動となるが、ファンの顔の見えない活動と終わりの見えない自粛期間から、アーティストの音楽活動の継続意思が途絶えてしまうケースも少なくないことが分かる結果だ。

 

 

調査概要
調査名:「コロナウイルスと制作に対しての意識調査」
期間:2020年6月13日(土)~15日(月)
方法:インターネットリサーチ
対象:全国のアーティストとして活動をしている人200名(音楽系58名、美術系73名、文芸系53名、演劇映画系16名)

調査結果
1. アーティストとしての活動に、コロナウイルスの影響があったと答えた人は80.5%。苦しさを感じた影響として、「イベントの延期・中止」が69.6%、「収入の減少」が42.9%、「練習場所の制限」が40.4%と様々な理由から苦しい影響を受けていることがわかりました。

2. 収入を得ていたアーティストのうち、コロナウイルスの影響によって74.2%が「収入は減った」と回答。さらにそのうち、アーティスト活動のみで生計を立てていたアーティストの40%は「副業を始めた」と回答。アーティスト活動に集中できない厳しい現状が明らかになりました。

3. コロナウイルスの影響を受けて、36%は制作意欲が弱まったと回答。アーティストとして、既に活動を諦めようと思っている人は48%にも上ることが明らかに。

4. アーティストの77%が支援を受けておらず、61%が「支援を十分に受ける機会がなかった」と回答。どのような支援があるとよいかという問いに対しては、ライブ会場・作品公開場所の提供や、経済的支援・給付金などを求める声が上がっていました。

 

 

▲ Including ads

  

メジャーシーンでも影響が...

 

 

また、新型コロナウイルスの影響は、メジャーシーンでも同様に影響が大きく、記憶に新しいところでは、2020年末にNHK「紅白歌合戦」当初出演予定であったジャニーズに人気グループ Snow Man(スノーマン)がコロナウイルスに感染したため、出演が幻となったことが挙げられる。メンバーの一人である宮舘涼太が新型コロナウイルスに感染したことが、2020年12月21日に発覚したため、他の8名も濃厚接触者と認定され、出場自体をせざるを得なくなったというものだ。

 

なお、この話には続きがあり、感染理由が12月に入った時期で、宮舘涼太が女性との飲み会を開催したことによるものと報道されており、ジャニーズ事務所の副社長であるタッキー(滝沢秀明)も激怒しているとのこと。出演自体ができるチャンスがあることは有難い限りなのであろうが、新型コロナウイルスの影響で、その出演機会を辞退せざるを得ないケースも出てきており、もし出演できていた場合の売上効果などを考えると経済的な損失も結構な額になりそうである。

 

 

さらに、人気バンドであるNovelbrightも、2020年10月にメンバー4名が新型コロナウイルスに感染したことを発表していた。

 

公式サイトでの発表によると、感染が明らかになったのは沖聡次郎(G)、山田海斗(G)、圭吾(B)、ねぎ(Dr)の4人で、10月11日夜にメンバー1名の体調の変化により医療機関を受診しPCR検査を受けた結果、4人の感染が発覚したとのこと。全員療養を続け病状は快復したというものの、このような自身の仕事への影響も大きい立場にあるため、特にアーティスト活動を生業とする場合は感染リスクに気を使わなければならない。

 

 

2021年に入り、再び感染の流行が確認されている状況だが、感染リスクを回避した活動を心がけたい。

 

 

↓ 関連情報を掲載

 

 

あわせて読みたい記事:『Snow Man「ナミダの海を越えて行け」のYouTube動画が公開2日で100万再生を突破』

※ 上記タイトルをクリックすると関連記事が読めます。

 

Evening Music Records Inc.
Evening Music Records Inc.
Slider

  

▲ Including ads

 

 

今読まれている記事はこちら

 

 

新規登録・ログインして全ての記事を見る

音楽情報バイラルメディア「EVENING」は、音楽ニュースやアーティスト評価をお届けするWebメディアです。

 

Evening Music Records Inc.
Evening Music Records Inc.
Evening Music Records Inc.
Evening Music Records Inc.
Slider
Evening Music Records Inc.
Evening Music Records Inc.
Evening Music Records Inc.
Slider

運営者 Profile

EVENING編集部
EVENING編集部Webマーケティング編集部
音楽情報バイラルメディア「EVENING」

お仕事のご依頼や所属アーティストに関するお問合せは下記まで宜しくお願い致します。
mail: info@evening-mashup.com
問合せサイト: https://evening-mashup.com/contact

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

人気記事はコチラ×

どうしたらTikTok(ティックトック)でバズるのか…?おすすめに乗る確率の高い動画の作り方とは… 2019年4月6日 に投稿された 山口真帆暴行の主犯NGTメンバー特定!被害内容がヤバすぎ!削除動画&ツイート画像アリ 2019年1月11日 に投稿された グッバイ宣言、TikTokでバズった理由とは… コロナ禍で生まれた「引き籠り 絶対 ジャスティス」の歌詞が表す楽曲の力。 2021年2月14日 に投稿された 「世界で最も美しい顔100人」ツウィが再びアジアトップ TWICEから4人ランクイン 2019年1月3日 に投稿された スカイピースの新ユニット 青春シュワシュワクラブへの批判のワケとは… 2019年8月3日 に投稿された ヒトリエwowakaが急性心不全で逝去…その原因や理由が気になる…享年31歳の若さは如何に 2019年4月13日 に投稿された SixTONES 遂にデビュー決定!所属レーベルがソニーミュージックであることの意味とは… 2019年8月17日 に投稿された 第一弾発表間近!SUPER SONICのヘッドライナー大予想! 2020年2月28日 に投稿された Sho Asano、アメリカ拠点のシンガー・Sarah Kangをフィーチャリングに招いた新曲発表 2021年1月30日 に投稿された サブスクリプションで聞けないアーティストを探してみた!今後の日本の音楽市場は… 2019年4月13日 に投稿された
   

この記事の評価をお選びください。(回答 5ポイント進呈)

1:友人に薦めたいとは思わなかった2345678910:非常に友人に薦めたいと思った (3 投票, 平均: 8.67 / 10)