にしな

© にしな

にしな、アニメ「先輩はおとこのこ」ED曲にゲストボーカル参加!

EVENING編集部

※ 会員登録で、限定記事の閲覧・ポイント獲得・NFT進呈企画への参加など、様々な優待をご利用いただけます。( 詳細はこちら )

 

  

コメントを投稿

本記事は約3分で読めます

※ 記事内容についてコメントしてみよう。「もっと見る・投稿する」をクリックするとコメント欄が表示されます。

利用規約を遵守し、良識のあるコメントを心がけましょう。

公開日:2024年6月10日

 

 

にしな が、2024年7月4日(木)24:55~よりフジテレビ“ノイタミナ”ほか各局にて放送されるテレビアニメ「先輩はおとこのこ」、エンディングテーマ「あれが恋だったのかな feat. にしな」にゲストボーカル参加することが発表された。

 

テレビアニメ「先輩はおとこのこ」は、新世代のクリエイターとして音楽シーンのみならず多方面から注目を集める”くじら”が、キャリア初のタイアップにして主題歌OP/EDダブル主題歌を担当。エンディングテーマについての情報は、タイトルと、誰かがゲストボーカルとしてfeat.参加する事のみがすでに明かされていたが、この度ゲストボーカルがにしなであることが明らかになった。

 

「先輩はおとこのこ」は、「次にくるマンガ大賞2021」Webマンガ部門で3位、「第5回アニメ化してほしいマンガランキング」1位を受賞し世界各国でも配信され、「LINEマンガ」にて1億8000万ビュー(※2024年1月時点)を突破した大人気作。フジテレビ“ノイタミナ”ほか各局にて2024年7月4日(木)24:55~より、テレビアニメ『先輩はおとこのこ』が放送されることが発表されている。

 

さらに、テレビアニメ「先輩はおとこのこ」本PVも公開となった。可愛いものが大好きで、学では女の子の格好をして過ごす主人公の花岡まことをはじめ、彼をとりまくキャラクターたちの姿が描かれ、PV内ではオープニング・テーマ:くじら「我がまま」、エンディング・テーマ:くじら「あれが恋だったのかな feat. にしな」の音源の一部も先行して聴くことができる。

 

くじらとにしなのコラボレーションは、2021年に共作した「透明な黒と鉄分のある赤」以来となる。

 

新世代の要注目アーティスト両名による楽曲「あれが恋だったのかな feat. にしな」、ぜひ楽しみにお待ちいただきたい。

 

 

アーティスト コメント

 

くじら 本人コメント

『我がまま』は、「わがままに生きることこそ良いことだ」という想いを詰めました。

この社会が生きづらい人ほど、「わがままなんて言っちゃいけない」「わがままを言うと迷惑だ」という常識や固定観念に囚われていると思います。じゃあその「わがまま」の正体って一体なんだろう?という話ができたらなと思ってこの曲を書きました。

「誰に何を言われてもこれが好きだ!これがしたい!こういう人間になりたい!」という気持ちを大切にしてもらいたい!という曲です。

『あれが恋だったのかな』は、恋ってなんだろう?という問いに対して、自分の人生の中で、見つけた答えらしきものを並べております。

言いたい事は曲の中に全部詰め込めてしまったので、ただただ聴いてほしいです。



にしな 本人コメント

くじらくんからお誘いを受けデモを聞かせて頂いた時、あまりにも素敵な楽曲で感動したのを覚えてます。

永遠であり一瞬で過ぎ去ってゆく様な、甘ったるくもありほろ苦い様な、誰しもの胸にある様で自分だけの記憶の様な、愛おしい時間がぎゅっと詰まってる楽曲だと思います。

軽やかさと気怠い微睡が共存する一曲になるといいなと思い、歌わせて頂きました。

笑いながら話す部分が難しく、何度も録り直しました、少し照れ混じりのセリフ調も含め楽しみにしていただけると嬉しいです。



テレビアニメ「先輩はおとこのこ」本PV:

https://youtu.be/AZzIVBU49ss

 

 

テレビアニメ「先輩はおとこのこ」情報

くじら

© くじら

 

放送情報:2024年7月4日よりフジテレビ"ノイタミナ"ほかにて毎週木曜24:55〜放送予定

※ 放送時間は変更の可能性がございます

配信情報:Netflix/U-NEXT/アニメ放題にて7月4日より毎週木曜25:25~配信決定

 

[STAFF]

原作:『先輩はおとこのこ』ぽむ(「LINEマンガ」連載)

監督:柳 伸亮

シリーズ構成:冨田頼子

キャラクターデザイン:新海翔斗

プロップデザイン:北山景子

美術監督:安田ゆかり(オリーブ)

美術設定:秋山健太郎(スタジオPablo)

色彩設計:鈴木ようこ

撮影監督:上條智也

編集:新沼奈美(グラフィニカ)

3D/CG:齋藤威志(WIRED)

音響監督:本山 哲

音響制作:ビットグルーヴプロモーション 

音楽:橋本由香利

アニメーション制作:project No.9

 

[CAST]

花岡まこと:梅田修一朗/蒼井咲:関根明良/大我竜二:内田雄馬/花岡美香:中原麻衣/大我小夏:前田佳織里

 

[主題歌]

オープニング・テーマ:「我がまま」くじら(Sony Music Labels)

エンディング・テーマ: 「あれが恋だったのかな feat. にしな」 くじら(Sony Music Labels)

 

[イントロダクション]

「第5回アニメ化してほしいマンガランキング」1位受賞。「LINEマンガ」にて1億8000万ビュー(※)を突破した話題作が、ついにアニメ化!男だけど可愛いものが大好きで、女の子の姿で高校生活を送る“男の娘”・花岡まこと。ある日の放課後、まことは、“女の子だと勘違いしたまま”の後輩女子・蒼井咲に告白をされる。「実は自分は男の子なのだ」と打ち明け、告白を断るまこと。しかしまことの予想に反し、咲はあきらめるどころか、 「男女両方の先輩が楽しめる」とテンションアップ!さらに、「私が先輩の初恋の人になってみせます」と宣言して……可愛いものが大好きな、まこと。まことに恋をする、元気いっぱいの後輩・咲。まことを近くで見守り続けてきた、幼馴染の竜二。3人の、恋と友情と、成長の物語がはじまる――。

 

公式サイト:

https://senpaiha-otokonoko.com/ 

 

公式X(旧Twitter):

@painoko_anime 

 

 

▽ Ads

 

 

公演情報

 

にしな Zepp Tour 2024

 

11月10日(日) 北海道・Zepp Sapporo OPEN 17:00 / START 18:00

11月15日(金) 大阪・Zepp Namba(OSAKA)  OPEN 18:00 / START 19:00

11月17日(日) 福岡・Zepp Fukuoka OPEN 17:00 / START 18:00

11月26日(火) 東京・Zepp DiverCity(TOKYO)  OPEN 18:00 / START 19:00

11月27日(水) 東京・Zepp DiverCity(TOKYO)  OPEN 18:00 / START 19:00

11月29日(金) 愛知・Zepp Nagoya OPEN 18:00 / START 19:00

 

チケット:¥5,500(税込、整理番号付き自由、別途ドリンク代必要)

 

<先行>

https://eplus.jp/nishina2024/

 

 

▽ Ads

 

 

プロフィール

 

にしな

新時代、天性の歌声と共に現れた新星、「にしな」。やさしくも儚く、中毒性のある声。どこか懐かしく、微睡む様に心地よいメロディーライン。無邪気にはしゃぎながら、繊細に紡がれる言葉のセンス。穏やかでありながら、内に潜んだ狂気を感じさせる彼女の音楽は、聴く人々を徹底的に魅了する。Spotifyがその年に注目する次世代アーティスト応援プログラム「RADAR:Early Noise」に選出。ゆっくりとマイペースにリスナーを虜にしてきた彼女の声と音楽が、静かに、そして、より積極的に世の中へと出会いを求めに動き出す。最重要ニューカマー、「儚さと狂気」を内包する才能が、ここに現る。

 

にしなオフィシャルHP:

https://nishina247.jp/

 

オフィシャルECストア:

https://store.plusmember.jp/nishina/

 

Music Link:

https://nishina.lnk.to/nishina

 

X:

https://twitter.com/nishina1998

 

Instagram:

https://www.instagram.com/247nishina247

 

YouTube:

https://www.youtube.com/c/nishinaofficial

 

TikTok:

www.tiktok.com/@nishina_official

 

 

X(スタッフ):

https://twitter.com/nishinaofficial



 

くじら

2019年4月1日に活動を開始。作詞作曲編曲全てをくじら自身でこなしVOCALOIDを使った作品や、yamaやAdoなどのボーカルfeat.作品、また楽曲提供など精力的に作品を世に出し続けている。2019年7月VOCALOIDアルバム「ねむるまち」を発表。2020年10月には、feat.とVOCALOIDを主としたアルバム「寝れない夜にカーテンをあけて」を発表。小説や映像など、様々な物語とコラボレーションした作品「悪者」を皮切りに、自身歌唱楽曲を発表。2022年8月には初の全曲自身歌唱であるアルバム『生活を愛せるようになるまで』をリリースし、2023年11/22(水) 2ndアルバム「野菜室」リリース。渋谷WWW Xや、渋谷Spotify O-WESTなどでのワンマンライブを次々ソールドアウト。2024年5月5日にはVIVA LA ROCK 2024にて初のフェス出演を果たし、10月12日(日)には自信最大規模となる東京・Zepp Shinjukuでの4thワンマンライブを開催する。楽曲提供依頼も後を絶たず、yamaの初オリジナル楽曲「春を告げる」を皮切りに、DISH//やSixTONES、Adoなど、シーンを問わずそのクリエイティブを発揮。新世代クリエイターとして音楽シーンの高い注目を集めている。

 

Official HP:

https://www.whaledontsleep.tokyo/

 

YouTube Channel:

https://www.youtube.com/@whaledontsleep_official

 

X:

https://twitter.com/WhaleDontSleep

 

Instagram:

https://www.instagram.com/whaledontsleep

 

TikTok:

https://www.tiktok.com/@whaledontsleep

 

 

 

EVENING会員登録で、会員限定の音楽業界の最新トレンドや特典が手に入ります。

 

記事を読んだり、ログインすると、限定特典を貰えるポイントが貯まります。全ての豪華特典が手に入るプラチナ会員登録はこちらから。

 

すべての記事が読み放題。初回1ヶ月無料

会員登録で記事を読むとポイントが貯まる(詳細はこちら

※ 会員登録で、限定記事の閲覧・ポイント獲得・NFT進呈企画への参加など、様々な優待をご利用いただけます。( 詳細はこちら )

 

 

あわせて読みたい記事: にしな、完売のNHKホール公演で過去最大規模のツアーを完走

※ 上記タイトルをクリックすると関連記事が読めます。

 

Slider

  

▲ Including ads

 

今読まれている記事

 

 

新規登録・ログインして全ての記事を見る

EVENINGは、最新の音楽関連情報をお届けするウェブメディアです。

 

Slider

新着記事はこちら

関連記事はこちら

投稿者

EVENING編集部
EVENING編集部Evening Music Records Inc.
注目の音楽情報をいち早くお届け。

最新トレンドや今気になるアーティストをピックアップし、わかりやすくお伝えしていきます。定期更新の特集企画もお楽しみに。

最新情報はTwitter、撮り下ろし写真はInstagram、オリジナル動画はYouTubeをチェック。

人気記事はコチラ×

山口 真帆 山口真帆 事件の主犯NGTメンバー特定!被害内容がヤバい!削除動画あり 2019年1月11日 に投稿された 音楽 サブスク 【音楽サブスク比較 2024年】どのサービスが音質が良いのか徹底検証! 2023年5月6日 に投稿された UVERworld / CNBLUE UVERworldとCNBLUE、日本と韓国を代表するロックバンドによる対バンライブ開催 2024年6月20日 に投稿された TWICE ツウィ 世界で最も美しい顔100人 ツウィがアジアトップ!TWICEからサナも 2019年1月3日 に投稿された GReeeeN 顔 紅白 GReeeeN、初の顔見せか? 拡張現実(AR)を使ったリアルな演出とは 2021年1月1日 に投稿された Daitch 総体的独自論 Daitch「総体的独自論」が話題? 汐菜との共作に注目 2023年12月23日 に投稿された BLACKPINK ジェニー / EXO カイ BLACKPINK ジェニー と EXO カイの熱愛が発覚!手つなぎデート写真も 2019年1月3日 に投稿された ILLIT K-POP界に新たな新星現る!超大型新人ガールズグループ「ILLIT」の魅力とは 2024年4月6日 に投稿された BTS、世界を虜にするK-POP!その秘密はSNSを活用した音楽マーケティングにあった… 2021年6月28日 に投稿された 音楽 web3 Spotifyでサブスク音楽再生回数を伸ばすための戦略3選とは 2024年1月5日 に投稿された
   

この記事の評価をお選びください。(回答 5ポイント進呈)

1:友人に薦めたいとは思わなかった2345678910:非常に友人に薦めたいと思った (まだ評価がありません)