撮影:鳥居洋介

 

indigo la Endとゲスの極み乙女が、春の日比谷野音で競演!

 

4月1日、indigo la Endとゲスの極み乙女による2マンライブ『馳せ合い vol.3』が日比谷野外大音楽堂で開催された。2021年12月の『馳せ合い vol.2』以来、約一年半ぶりに川谷絵音がボーカルを務める両バンドが相見えたこの日は、開演前から佐藤栄太郎(indigo la End/Dr.)がDJで会場を盛り上げ、ステージにはストリート感のあるダブルネームのロゴが置かれたりと特別な雰囲気。それぞれのパフォーマンスからは、両バンドの持ち味がはっきり感じられる一日となった。

 

先攻のゲスの極み乙女は“星降る夜に花束を”からライブがスタート。川谷の「今日声出せるって!」の言葉に大歓声が起こり、場内には一気に手拍子が広がっていく。ほな・いこかの「東京、行くぞー!」の呼びかけから“だけど僕は”と“某東京”を畳み掛けると、ハンドマイクでステージを動き回りながらオーディエンスを煽る川谷も、オーディエンスの直接的なリアクションを前に生き生きとしているようだ。声出しの規制が緩和された喜びと野外の開放感が合わさり、特にライブ前半はキャリア初期のアッパーなチューンが続いて、“アソビ”では「パラリラパラリラ」の合唱が起き、“song3”では「ふぅーふー!」の声も上がったりと、やはりこの盛り上がりこそがゲスの極み乙女のライブだと感じる。

 

老朽化による施設の立て替えが発表されたことに触れ、「今の野音に課長のベースソロがすごかったっていう記憶を残したい」という川谷の振りから休日課長のソロ、「さらにそれを超えるちゃんMARIのキーボードソロが聴きたくないですか?」という振りからちゃんMARIのソロが続き、ほな・いこかは「最近ドラマーよりも女優として見ることの方が多いけど、女優をやってる間もドラマーの魂がどんどん大きくなってるんでしょ?」という問いかけに「そうよ!楽しい!」と答えて、パワフルなドラムソロを披露。いこかの「野音、盛り上がっていきましょう!」というかけ声からなだれ込んだ“パラレルスペック”ではイントロで川谷と休日課長がピョンピョン飛び跳ねて、メンバー自身がこの空間を誰よりも楽しんでいることが伝わってくる。

 

川谷がアコギを弾く“人生の針”では現在のゲスの極み乙女ならではの深みを増した言葉や演奏を届け、艶やかなエレピから始まる“はしゃぎすぎた街の中で僕は一人遠回りした”は、ステージ後方にビルが立ち並ぶ都心ならではのシチュエーションと〈どんな望みも東京の夜が 飲み込んではいつか吐き出してくれる〉という歌詞のリンクにグッと…

 

 

 

Premium Membership Registration

こちらは会員限定記事です。 プラチナ会員 と ゴールド会員 のメンバーになると続きをお読みいただけます。

EVENING無料会員になると会員限定記事の閲覧や、閲覧ポイントに応じた優待特典が手に入ります。
無料会員登録はこちらから。プレミアム会員登録は月額 380円から。( 会員登録サイト

投稿者

EVENING編集部
EVENING編集部Evening Music Records Inc.
注目の音楽情報をいち早くお届け。

最新トレンドや今気になるアーティストをピックアップし、わかりやすくお伝えしていきます。定期更新の特集企画もお楽しみに。

最新情報はTwitter、撮り下ろし写真はInstagram、オリジナル動画はYouTubeをチェック。

人気記事はコチラ×

米津玄師 米津玄師 主題歌「がらくた」が流れる映画『ラストマイル』予告映像公開 2024年6月15日 に投稿された 山口 真帆 山口真帆 事件の主犯NGTメンバー特定!被害内容がヤバい!削除動画あり 2019年1月11日 に投稿された FTISLAND FTISLAND、デビュー17年目、韓国から始まったアジアツアー無事完走! 2024年6月14日 に投稿された 風男塾 風男塾、シングル『一生青春、一緒に青春 / FOCUS!』ビジュアル公開! 2024年6月15日 に投稿された 音楽 サブスク 【音楽サブスク比較 2024年】どのサービスが音質が良いのか徹底検証! 2023年5月6日 に投稿された TWICE ツウィ 世界で最も美しい顔100人 ツウィがアジアトップ!TWICEからサナも 2019年1月3日 に投稿された ONE OK ROCK ONE OK ROCK × 映画キングダム!最強すぎるタッグの帰還にファン歓喜 2024年6月15日 に投稿された LET ME KNOW こんなバンドを求めていた! 2023年結成の新生バンド『LET ME KNOW』 2024年4月13日 に投稿された GReeeeN 顔 紅白 GReeeeN、初の顔見せか? 拡張現実(AR)を使ったリアルな演出とは 2021年1月1日 に投稿された 氷艶hyoen2024 主演 高橋大輔&主題歌 ゆず、「氷艶hyoen 2024 十字星のキセキ」が開幕 2024年6月10日 に投稿された
   

この記事の評価をお選びください。(回答 5ポイント進呈)

1:友人に薦めたいとは思わなかった2345678910:非常に友人に薦めたいと思った (まだ評価がありません)