撮影:鳥居洋介

結成13周年を迎えたindigo la End、メモリアルな一夜を全23曲のパフォーマンスで彩る。今話題の新曲「名前は片想い」も披露!

EVENING編集部( Evening Music Records )

※ 会員登録で、限定記事の閲覧・ポイント獲得・NFT進呈企画への参加など、様々な優待をご利用いただけます。( 詳細はこちら )

 

  

本記事のコメントを投稿...

本記事は約3分で読めます

※ 記事内容についてコメントしてみよう。「もっと見る・投稿する」をクリックするとコメント欄が表示されます。

利用規約を遵守し、良識のあるコメントを心がけましょう。

 

 

225日、indigo la Endがパシフィコ横浜国立大ホールにてワンマンライブ『蒼き花束vol.3』を開催した。

 

前日の224日にバンド結成13周年を迎えたindigo la Endは全23曲を披露し、詰めかけたオーディエンスとメモリアルな一夜を作り上げた。

 

開演時刻を過ぎた頃、イメージ映像と共に久保田紗友によるポエトリーリーディングがステージ上のスクリーンに流れ、ライブが幕を開ける。幕開けの楽曲となったのは2012年リリースの「レナは朝を奪ったみたいだ」。結成13周年を迎えたばかりのindigo la Endらしい粋な選曲で会場を暖める。

 

続けて「想いきり」「さよならベル」「渇き」と更に熱を帯びた演奏と川谷のハイトーンボイスで彼らの世界を作り上げていく。ミドルテンポなグルーブが心地よい「邦画」が披露されると、先程までとはまた違う空気感で会場をindigo la Endの色に染めていく。

 

その後「雫に恋して」、長田によるギターのカッティングが切なく響く「夜行」、「さざなみ様」を続けて披露すると、再びスクリーンに映像が映し出される。叙情的なポエムが読み上げられ、『夏の魔法のように』という節で映像が終わると、「夏夜のマジック」の演奏へ。ライブタイトルにちなんで、花束を手にした川谷がハンドマイクで心地よく歌い上げると、それに呼応するように会場内は大きな拍手に包まれた。

 

再び川谷がギターを手にとり、「彼女の相談」「チューリップ」と新旧の楽曲を交えた選曲で夜を彩っていく。演奏が終わり、暗転した会場内に雨音が響くと、小気味よいタイミングでイントロが鳴り、「心雨」を歌唱。オーディエンスも楽曲の世界観に更に没頭していった。この日初めてのMCでは、結成13周年記念日の翌日にライブが出来る喜びと感謝を伝え、「1番新しい曲をやります」と先月に配信リリースされたばかりの楽曲「名前は片想い」を披露。

 

切ない歌詞とメロディが胸に迫るindigo la Endの真骨頂ともいえるラブソングであるこの曲は、リリース後に各種サブスクリプションサービスのみならず、TikTokInstagramといったSNSで多くのユーザーから支持を受け、スマッシュヒットを記録しており、新たなindigo la Endの代表曲となるであろう。

 

そのままの勢いで、「鐘泣く命」「夜明けの街でサヨナラを」「名もなきハッピーエンド」が披露されると会場の空気は更にヒートアップしていく。再び暗転になると、ピアノの音色と雨音が会場の雰囲気を一変させ、胸を締め付けるような恋心が綴られたバラードナンバー「の恋は」が始まる。川谷が傘をさしながらのパフォーマンスを披露し、さながら演劇を鑑賞しているかのように、その世界観を色濃くしていった。

 

この日20曲目となる「インディゴラブストーリー」を続けて披露すると、「最後に新曲をやって終わりたいと思います」と川谷が話し、新曲を初披露。花びらがステージに降りしきる美しい演出の中、哀愁帯びた歌詞とバンドの演奏が相まってエモーショナルなパフォーマンスで本編を締めくくり、大きな拍手の中、ステージを去っていった。

 

 

アンコールでは、ライブグッズを着用したラフな姿でステージに登場。

 

ロックバンドなのでギターをかき鳴らして終わりたいと思います」と川谷が話し、一心不乱にエネルギッシュな演奏で「知らない血」Unpublished manuscript」とアンコールの2曲をパフォーマンス。Unpublished manuscript」のアウトロでは、残る全ての力を出し切るかの如く、轟音を鳴らし、全楽曲のパフォーマンスを終えた。

 

舞台を去った後、ゲスの極み乙女との2マンイベント「馳せ合い vol.4」が大阪・大阪城音楽堂、「馳せ合い vol.5」が宮城・仙台GIGSにて開催されることが発表され、大きな拍手の中「蒼き花束 vol.3」は幕を閉じた。

 

 

<蒼き花束 vol.3>

2023.02.25 神奈川県 パシフィコ横浜国立大ホール セットリスト

 

1.レナは朝を奪ったみたいだ

2.想いきり

3.さよならベル

4.渇き

5.邦画

6.雫に恋して

7.夜行

8.さざなみ様

9.夏夜のマジック

10.彼女の相談

11.チューリップ

12.心雨

13.アリスは突然に

14.ヴァイオレット

15.名前は片思い

16.鐘泣く命

17.夜明けの街でサヨナラを

18.名もなきハッピーエンド

19.夜の恋は

20.インディゴラブストーリー

21.プルシュカ(新曲)

<アンコール>

知らない血

Unpublished manuscript

 

 

リリース情報

 

indigo la End 「名前は片想い」 配信中

https://indigolaend.lnk.to/namaehakataomoi

 

 

↓ 関連情報を掲載

 

 

ライブ情報

 

馳せ合い vol.3 

【会場】東京・日比谷野外大音楽堂

【出演】ゲスの極み乙女/indigo la End

【日時】202341日(土) 開場/開演 17:00/18:00

【チケット】全席指定 7,300円(税込)

3/4(日)10:00~一般発売開始

 

馳せ合い vol.4

【会場】大阪・大阪城音楽堂

【出演】ゲスの極み乙女/indigo la End

【日時】2023629日(木) 開場/開演 17:00/18:00

【チケット】全席指定 7,300円(税込)

2/25(土)21:00~ 藍モバイル会員先行/FAN CLUB会員先行受付開始

 

馳せ合い vol.5

【会場】宮城・仙台GIGS

【出演】ゲスの極み乙女/indigo la End

【日時】202371日(土) 開場/開演 17:00/18:00

202372日(日) 開場/開演 17:00/18:00

【チケット】全席指定 7,300円(税込)

2/25(土)21:00~ 藍モバイル会員先行/FAN CLUB会員先行受付開始

 

 

【関連リンク】

indigo la End オフィシャルサイト:

https://indigolaend.com/index2.php

indigo la End Twitter : 

https://twitter.com/indigo_la_End

indigo la End Instagram : 

https://www.instagram.com/indigolaend_official/

indigo la End TikTok : 

https://www.tiktok.com/@indigolaend_official

 

 

すべての記事が読み放題。初回1ヶ月無料

会員登録で記事を読むとポイントが貯まる(詳細はこちら

※ 会員登録で、限定記事の閲覧・ポイント獲得・NFT進呈企画への参加など、様々な優待をご利用いただけます。( 詳細はこちら )

 

 

あわせて読みたい記事:『indigo la End、新曲「名前は片想い」のMusic Videoを公開』

※ 上記タイトルをクリックすると関連記事が読めます。

 

Slider

  

▲ Including ads

 

今読まれている記事はこちら

 

 

新規登録・ログインして全ての記事を見る

音楽情報バイラルメディア「EVENING」は、音楽ニュースやアーティスト評価をお届けするWebメディアです。

 

Slider

新着記事はこちら

Slider

関連記事はこちら

投稿者

EVENING編集部
EVENING編集部Evening Music Records Inc.
注目の音楽情報をいち早くお届け。

最新トレンドや今気になるアーティストをピックアップし、わかりやすくお伝えしていきます。定期更新の特集企画もお楽しみに。

最新情報はTwitter、撮り下ろし写真はInstagram、オリジナル動画はYouTubeをチェック。

人気記事はコチラ×

山口 真帆 山口真帆 事件の主犯NGTメンバー特定!被害内容がヤバい!削除動画あり 2019年1月11日 に投稿された UVERworld / CNBLUE UVERworldとCNBLUE、日本と韓国を代表するロックバンドによる対バンライブ開催 2024年6月20日 に投稿された 音楽 サブスク 【音楽サブスク比較 2024年】どのサービスが音質が良いのか徹底検証! 2023年5月6日 に投稿された GReeeeN 顔 紅白 GReeeeN、初の顔見せか? 拡張現実(AR)を使ったリアルな演出とは 2021年1月1日 に投稿された TWICE ツウィ 世界で最も美しい顔100人 ツウィがアジアトップ!TWICEからサナも 2019年1月3日 に投稿された Daitch 総体的独自論 Daitch「総体的独自論」が話題? 汐菜との共作に注目 2023年12月23日 に投稿された ILLIT K-POP界に新たな新星現る!超大型新人ガールズグループ「ILLIT」の魅力とは 2024年4月6日 に投稿された BLACKPINK ジェニー / EXO カイ BLACKPINK ジェニー と EXO カイの熱愛が発覚!手つなぎデート写真も 2019年1月3日 に投稿された BLACKPINK 韓国 KPOP 世界を熱狂させる「K-POP」を支える戦略的なマーケティングとは 2021年7月3日 に投稿された Ado Ado 異例の”箱入り”握手会の開催を発表!念願のファン交流が実現 2024年6月20日 に投稿された
   

この記事の評価をお選びください。(回答 5ポイント進呈)

1:友人に薦めたいとは思わなかった2345678910:非常に友人に薦めたいと思った (まだ評価がありません)