Quote source: http://o-dan.net/ja/

コワーキングスペースとシェアオフィスの違いとは...? オフィスを有効に選ぶために必要な知識を公開...

Vivid Work運営事務局(Evening Music Records株式会社)

※ 上記ボタンより飲食店の遊休時間を活用したコワーキングスペースサービス「Vivid Work」がご利用可能です。

 

 

今や「コワーキングスペース」と聞いて、ピンとこない方は少なくなっているのではないでしょうか。

 

 

フリーランス人口が増加傾向にあり、直近の日本国内においても働き方改革の推進等で、ビジネスマンとしての働き方そのものが変わってきている時代です。

 

事実、アメリカのフリーランス人口が日本よりもかなり多く、2016年の調査「fleelacing-in-america」によると、約5,500万人がフリーランスとして働いており、この数値はアメリカの労働人口の約35%にものぼるという規模感です。また、アメリカでは、直近数年間のフリーランス人口は継続的に右肩上がりと増加傾向が続いています。

 

 

一方、自由な働き方を手にしたフリーランスの労働人口層においては、働く場所、つまり、オフィスに関する新たな問題が浮上してきています。それは、フリーランスの方が利用できるオフィススペースの問題と、フリーランサー同士の繋がりを持てるワークスペースの問題です。

 

 

当記事では上記の問題に関してホットワードとなっているコワーキングスペースとシェアオフィスの2つのワードについて、その違いを紹介していきます。

 

 

↓ WeWork Instagram公式アカウントより

 

 

コワーキングスペースとシェアオフィスの違いとは...?

 

 

まず、シェアオフィスとは何でしょうか。

 

 

シェアオフィスとは、自社だけではない複数の利用者がフリーアドレス形式で使用できるオフィスです。レンタルオフィスが個別の占有スペースがあることに対し、シェアオフィスには基本的にはその概念はなく、比較的安価で利用することができ、仕事場(オフィス)として高い機能を持っています。

 

自社オフィスを保有する企業では、働く場所がオフィス環境に固定されますが、シェアオフィスの場合は複数の共有オフィスの中から自分の働きたい場所を選択することができる事が魅力となります。また、初期投資としての設備を整える必要がありませんので、短期間でのオフィスセットアップ可能で、保守運用の心配がないこともメリットの一つと言えるでしょう。

 

一方で、シェアオフィスには個室がないため、企業としての機密情報の取り扱いに注意を払わなければなりません。最近では、秘密性の担保できる通話スペース等の設備を完備しているシェアオフィスもありますが、電話の度に適度な場所に移動しなければならない等、仕事内容によっては多少ストレスに感じる人もいるかも知れません。

 

 

総合的に、シェアオフィスは移動時間の短縮や外出先での仕事場を確保したい営業パーソン等に向いており、大企業・中企業によるエンタープライズ契約が進んでいます。

 

 

自由で創造的な働き方を
自由で創造的な働き方を
Vivid Work

定額会員制のコワーキングスペースネットワーク
月額13,400円〜のVivid Work会員なら
提携コワーキングスペースを利用し放題です。
2019年12月1日〜サービス開始予定

定額会員制のコワーキングスペースネットワーク
月額13,400円〜のVivid Work会員なら
提携コワーキングスペースを利用し放題です。
2019年12月1日〜サービス開始予定

定額会員制のコワーキングスペースネットワーク
月額13,400円〜のVivid Work会員なら
提携コワーキングスペースを利用し放題です。
2019年12月1日〜サービス開始予定

身近に創造的なコワーキングスペースを
身近に創造的なコワーキングスペースを
Vivid Work会員なら利用し放題
Vivid Work会員なら
利用し放題

Vivid Work会員なら
高級レストランやカフェ・バー等の提携店舗を
広々としたコワーキングスペースとして
事前予約なしで利用可能です。

Vivid Work会員なら
高級レストランやカフェ・バー等の提携店舗を
広々としたコワーキングスペースとして
事前予約なしで利用可能です。

Vivid Work会員なら
高級レストランやカフェ・バー等の提携店舗を
広々としたコワーキングスペースとして
事前予約なしで利用可能です。

新しいクリエイティブな空間が手に入る
新しいクリエイティブな空間が手に入る
生産的で快適なワークスペースを
生産的で快適な
ワークスペースを

東京都内の提携コワーキングスペースでは
快適なWifi環境や充電ブース、BGMだけでなく
こだわりのコーヒーも全て無料です。
特別なくつろぎの空間が手に入ります。

東京都内の提携コワーキングスペースでは
快適なWifi環境や充電ブース、上質なBGMだけでなく
こだわりのコーヒーも全て無料です。
特別なくつろぎの空間が手に入ります。

東京都内の提携コワーキングスペースでは
快適なWifi環境や充電ブース、上質なBGMだけでなく
こだわりのコーヒーも全て無料です。
特別なくつろぎの空間が手に入ります。

創造的なビジネス上の人脈を構築
創造的なビジネス上の人脈を構築
有機的な人のつながりを
有機的な人のつながりを

Vivid Workでは、会員の方の
情報発信や自然なコミュニケーションが可能な
コミュニティ機能により
創造的な出会いや人との繋がりを提供します。

Vivid Workでは、会員の方の
情報発信や自然なコミュニケーションが可能な
コミュニティ機能により
創造的な出会いや人との繋がりを提供します。

Vivid Workでは、会員の方の
情報発信や自然なコミュニケーションが可能な
コミュニティ機能により
創造的な出会いや人との繋がりを提供します。

previous arrowprevious arrow
next arrownext arrow
Slider

 

 

今後さらに利便性が期待されるコワーキングスペースとは…

 

 

次は、コワーキングスペースについてご紹介します。

 

 

コワーキングスペースは、シェアオフィスと似ているため混同される事がありますが、実際は異なります。明確な定義はありませんが、シェアオフィスが共同のビジネス作業の場であるのに対し、コワーキングスペースは利用者同士が交流を図り、コミュニティを形成することでビジネスを推進する事ができる共同体です。

 

 

上記を良く表す表現として、ソフトバンクグループの大型投資を契機に、2018年に日本に上陸したWeWork Japanのクリス・ヒルCEO(最高経営責任者)は「WeWorkはコワーキングスペースではなく、グローバルコミュニティなんだ。」という言葉を残しています。

 

従来の日本での働き方としては、コワーキングスペースと言えども個人利用が多かった事に対し、今後は社外リソースとの協業や提携の動き、さらにはアントレプレナーシップ(起業家)の醸成を目指す大企業を含む法人による利用が加速される動きが予測されます。

 

 

いづれもビジネス環境を良質なものとする動きですが、働き方もより自由に柔軟になってくる事が今後のトレンドでしょうか。フリーランスや起業家の方においては、この様な場合は手軽に低価格で利用できるコワーキングスペースが求められる傾向になってくるでしょう。Vivid Work(Evening Music Records株式会社 運営)等の新たなコワーキングスペースサービスは、その解決策となるかも知れません。

 

 

運営会社: Evening Music Records株式会社

 

 

※ コワーキングスペースサービスVivid Workはこちらから

※ 店舗BGM最適化サービスQrated mixはこちらから

※ Webサイト制作やタイアップ記事掲載はこちらから

 

↓ EVENINGプレミアム会員登録はこちらから

(※ 会員限定記事や限定イベントを優待)

 

 

あわせて読みたい記事:「身近に創造的なコワーキングスペースを - Vivid Work」

※ 上記タイトルをクリックすると関連記事が読めます。

 

 

※ 上記ボタンより飲食店の遊休時間を活用したコワーキングスペースサービス「Vivid Work」がご利用可能です。

  

 

新着の音楽情報記事はこちらからお読みいただけます

 

 

人気コメンター

 

 

新規登録・ログインして全ての記事を見る

EVENINGは「エンタメを、もっとおもしろく。」するバイラルメディアです。最新のエンターテインメント情報を見たい方は、新規登録より全ての記事をご覧いただけます。

 

Slider
広告
広告
広告
広告
広告
previous arrowprevious arrow
next arrownext arrow
Slider

音楽情報記事はこちら

人気の記事はこちら

Facebook Comments