プロモーター

音楽業界の職業であるプロモーターは実際何をするの?リモートワーク時の働き方とは…
0

音楽業界の職業であるプロモーターは実際何をするの?リモートワーク時の働き方とは…

音楽業界の仕事について、皆さんはどの程度ご存知だろうか? レコード会社の仕事と聞くと、アーティストの新曲の制作やその宣伝など、華やかなイメージを連想する方が多いと思います。ただ、実際にその業務内容を具体的にイメージすることはなかなか難しいのではないでしょうか。 その理由は、現在の音楽業界は想像以上に複数の企業が関連し、その業務を進めていることに一因があると言えるでしょう。 本記事では、音楽関連のお仕事の中でも、プロモーター(宣伝職)についてご紹介させていただき、その仕事が具体的にどの様なことを行うの理解を深めていただくことを目的といたします。 ▼ 音楽業界のプロモーターは何をするのか? 音楽業界の仕事であるプロモーター(宣伝職)が最もイメージしやすいのは、ラジオ局のディレクターへのアーティストの提案営業でしょう。詳しく解説していきます。 まず、プロモーター(宣伝職)と呼ばれるスタッフは、各レコード会社に所属しているケースが多いです。例えば、ワーナーミュージックやユニバーサルミュージック、ソニーミュージック等、世界的にも販路を持つレコード会社機能を持つ会社が挙げられます。さらに、この様な大規模なレコード会社となると、自社内に独立レーベルを持っているケースも多く、プロモータースタッフの所属法人名は、例えば、ユニバーサルミュージックの社内カンパニーレーベルであるVirgin Musicの様なケースが該当します。 ここでは話が複雑化するのを避けるため、プロモーターは主にレコード会社に所属し、自社内で関わるアーティストのプロモーションを各メディア媒体(ラジオ、TV局等)へ行う人を指すとご理解いただけると良いかと思います。 一例を提示して説明します。設定として、ラジオ局の敏腕ディレクターに、ユニバーサルミュージックのプロモータースタッフの人が、所属アーティストの営業に行く場面を想像してください。この場合、まずはじめに、ディレクターの方へのアポイントを取得し、多くは実際に面談しながらアーティストの紹介機会を貰う形になります。 さらに、ディレクターへの提案機会を得ることができたプロモーターの人は、自社内で今プッシュしているお薦めのアーティストを紹介します。その際には、勿論、楽曲の音源データを提供し聴いてもらったり、中には工夫を凝らしたPower Point等の資料での紹介を行ったりも致します。基本的には、ベースとなる人間関係がディレクターの人とできていることが重要になりますが、プロモーターの仕事で重要なのは「如何にアーティストの良さを伝えられるか」かと思います。 これはどの営業やマーケティング的にも言えることですが、自分が良いと思っている商品やサービスを、如何にお客さんに伝えられるかが仕事の出来不出来の分かれ目になると言えるでしょう。 ▼ プロモーターの仕事の難しさとは? プロモーター(宣伝職)の難しさは、総合的な音楽的な素養が問われる営業職と言える点にあります。 具体的には、プロモーターの仕事は、主にラジオやTV局のメディア担当者を顧客とし、自社のアーティストをメディアに出演させて貰ったり、楽曲をメディアで配信して貰うことに了承をいただくことを目的としています。 勿論、メディア担当者の人もビジネスですので、いくら人間関係が構築できているからと言って、そう易々と了承をいただける訳ではなく、あくまでメディア担当者側のメリットに繋がる提案をアーティストの良さを活かしてどの様に提供できるかを提示できるかが成否の分かれ目となります。例えば、関西地区を中心とした音楽ラジオメディアがあった場合は、主にラジオ内で配信する楽曲は新人アーティストや、ネクストヒットアーティスト等で構成されるケースが多く、全国区ですでに有名なアーティストを紹介してもあまり響かない様なケースがあります。 つまり、メディア側の意向を汲んだ上で、自社のアーティストの良さを提案しなければならないという訳です。 ここで求められるのは、幅広い音楽知識を前提に、如何に相手(メディア)の状況を理解した上で、アーティストの良さを的確に売り込めるかという点ですので、音楽的な素養と、いわゆる営業職としての素養の、2つの能力が総合的に問われるのです。 如何でしたでしょうか。音楽業界のプロモーター(宣伝職)について理解が深まれば幸いです。 -- 運営:Evening Music Records株式会社