竹内唯人

竹内唯人が作詞・作曲した新曲「Wonderland」の配信スタート!新型コロナウイルスで生活スタイルが変わり感じた”何もない日常にある「美」”を自然をテーマにして制作した楽曲
0

竹内唯人が作詞・作曲した新曲「Wonderland」の配信スタート!新型コロナウイルスで生活スタイルが変わり感じた”何もない日常にある「美」”を自然をテーマにして制作した楽曲

今年に入り、3rd Single「ニビイロ」がテレビ朝日ドラマ「鈍色の箱の中で」主題歌に抜擢、YouTubeでも約150万回再生を記録、その後も恋愛リアリティショーにも出演し話題のアーティスト「Novel Core(ノベルコア)」を客演に迎えた4th Single「From Now On」をリリースしLINE MUSICリアルタイムランキング8位を獲得、同曲がBS-TBS『スイモクチャンネル』エンディングテーマソングに決定するなど快進撃を続ける竹内唯人。 そして前作から2か月足らずでリリースする5th Digital Single「Wonderland」は、竹内唯人が作詞作曲を担当し、日本レコード大賞受賞作品も手掛ける早川博隆氏をサウンドプロデューサーに迎え、暗く重い空気が漂う世界に、晴れやかさを与えてくれるような、爽やかなアッパーチューンに仕上がっています。 「自然」をテーマに、自然の摂理を人間関係に重ね、当たり前に思える人との繋がりの大切さとその感謝を歌った歌詞にもご注目ください。 作詞:竹内唯人、早川博隆 作曲:竹内唯人、早川博隆 編曲:早川博隆 URL: https://lin.ee/3NnZXAvk0/lnms 配信日:2020年5月26日配信(LINE RECORDS) LINE MUSICより先行配信 ▼ 竹内唯人コメント 5thシングル「Wonderland」ではメロディーライン、作詞を全てやらせて頂きました。今作の楽曲は自然をテーマにして歌いました。裏のテーマは人間関係です。 僕は生活している中で当たり前に過ごす日々や時間、何も考えずに過ごす時間にフォーカスを当てる事が多くて、何もないような日常にこそ「美」があるんだなと思っています。 歌詞にある「どこまでが空なのか」「どこまでが宇宙(そら)なのか」とういうように、水鏡に空は無限に広がっているように見えたり、地図のない迷路の様な物に感じたり。 当たり前のように風に揺られている花を見ているけど、その間、花は風や虫に花粉だったり種だったりを託して、次へ次へと数を増やす。こんな単純で簡単な物に見える事が1番大切で絶対に崩れない大切な事なんだなって思いました。それは人間もそうで、人と人との関係だったり当たり前な日々のような単純で簡単な物に感謝して過ごしたいなと思いました。あくまでも僕の感性なのでこの曲を通していろいろな物に結びつけて楽しんで貰えたらなと思います。 2001年生まれの19歳。有名俳優の弟として注目を受け、現在はアーティスト・俳優・モデルとしてマルチな場面で活躍中。恋愛リアリティショーに出演し、同年代を中心に多くの人気を集める。2019年10月17日、LINEの音楽レーベル「LINE RECORDS」からのデビューが決定。10月29日にデビュー曲「Only Me」を配信リリース。 2020年2月3日リリースした3rd Single「ニビイロ」は、テレビ朝日ドラマ「鈍色の箱の中で」主題歌に抜擢され、Spotifyバイラルチャート5位に連日ランクイン。 *公式Twitter:@takeuchi_yuito< https://twitter.com/takeuchi_yuito > *公式Instagram:< https://www.instagram.com/takeuchi_yuito/ > *LINE公式アカウント:@yuitotakeuchi< https://line.me/R/ti/p/%40yuitotakeuchi >