西川貴教 交際続いていた!23歳年下彼女の地元でお忍びデート

女性自身

1月上旬の夕方。大阪市中心部のショッピングモールから、たくさんの買い物袋を抱えたカップルが現れた。女性をエスコートするように隣を歩く男性は、西川貴教(48)だ。この日は派手なキャップを後ろに被り、丸メガネに黒いマスクで口元を覆っている。上着は女性と左右のカラーが違うだけのペアルック姿だった。

 

相手の女性は、昨年2月に写真週刊誌『FRIDAY』で熱愛を報じられた美女。当時、フリーアナウンサーだった23歳年下のAさんだ。当時の西川はAさんとのデートを楽しんだ後、高級ホテルで仲良く“お泊り”していた。ただ同誌が西川にAさんとの関係について直撃したところ、「友だちです」と否定していた。しかし、ひそかに交際は続いていたのだ。

 

「人通りが少ないなかでペアルックですから、ひときわ目立っていました。ふたりとも互いに気を使うこともなく、慣れ親しんだ夫婦のようにもみえました。Aさんの地元が大阪市にあるそうなので、この日は彼女の実家へそろって新年のあいさつに訪れていたのではないでしょうか」(目撃した買い物客)

 

昨年12月に登美丘高校ダンス部が西川の代表曲である『HOT LIMIT』のダンス動画を公開したことで、話題再燃。テレビにひっぱりだことなっている。そんな彼を支えていたAさんの故郷におしのびで訪れた西川。店内では、意外な“アイテム”を購入していた。

 

「モールには無印良品やニトリなどが並んでいるのですが、引っ越しでもするのかというくらい大量に買いこんでいました。なかには、多忙な西川さんのために安眠枕も。寝具をいっしょに買っていることからも、親密さが伝わってきました」(前出・目撃した買い物客)

 

店を出た2人は、仲良くタクシーへ。だがあまりに“爆買い”しすぎたことで、トランクに荷物が収まりきらないというハプニングも。西川は入りきらなかった荷物を助手席に積み込むと、繁華街を後にした。

 

 

人気コメンター

 

 

新規登録・ログインして全ての記事を見る

EVENINGは「エンタメを、もっとおもしろく。」するバイラルメディアです。最新のエンターテインメント情報を見たい方は、新規登録より全ての記事をご覧いただけます。

 

WAHT'S NEW

運営者 Profile

Yuki Matoba
Yuki MatobaEvening Music Records株式会社 CEO
音楽情報バイラルメディア「EVENING」

お仕事のご依頼や所属アーティストに関するお問合せは下記まで宜しくお願い致します。
mail: info@evening-mashup.com
問合せサイト: https://evening-mashup.com/contact

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

Facebook Comments