有村架純の姉・有村藍里 涙で「美容整形」告白!? 高視聴率な“整形番組”で堂々公開に賞賛の声

EVENING

▼ランキングへの応援はこちら(人気ブログランキング公式サイト

 

最近はオープンな美容整形も一般的になってきている。

 

 

こう聞くと皆さんはどう思うだろうか?有村架純さんの姉、有村藍里さんが先日テレビ番組で公開整形を実施し話題を呼んでいる。

 

しかも、この内容を取り上げた3月3日に放送されたドキュメンタリー番組「ザ・ノンフィクション」(フジテレビ系)の視聴率が、8.9%だったことがわかり、この数字はフジテレビ同番組の過去1年間でも、最高の数字だったというから驚きだ。世間はどの時代も人の秘密や噂になるようなことに敏感に反応することは分かっているが、如実に結果となって現れていたことに少し面白みを感じた。笑

 

番組では今回、美容外科医の山口憲昭氏を密着しており。その中で、有村架純さんの姉である有村藍里さんが、患者として登場して整形を行ったため、術後の終盤は最高視聴率10.8%まで到達したという。この記録は、昨年4月以降のフジテレビが手がける番組で最高の視聴率のようで、フジテレビは今後も整形シリーズを放送する可能性があるでしょう。とテレビ関係記者も語っている。

 

 

そんな彼女の最新のInstagramの写真がこちら。

 

 

彼女はもちろん元々の容姿も綺麗だが、妹と比較されるレベルではコンプレックスの一つや二つあっても可笑しくないと思う。自分の兄弟が、ドラマに出て毎日のようにテレビのCMに映される。友達からは比較されて当然だし、自分の中でも私にもチャンスがあってもおかしくないだろうと思うのも自然な考えだろう。

 

そして、彼女が受けたのは、頭蓋骨を部位ごとにわけて位置をずらすという大手術だという。言葉にするだけでもゾッとするが、当然リスクも伴う手術だったようで、彼女の覚悟も現れているように思う。手術自体は無事に成功し、有村は「口元が収まって口紅塗るのも楽しくなったし。なんかもっといろんなこと…… 髪型とかメイクとか挑戦できるなって思うと、これからもずっと楽しみです」と喜びを語っているとのこと。

 

そして、個人的に納得感があった言葉が以下だ。

 

彼女が今回の手術についてブログで語った言葉。『何故、このことを公表したかというと隠す必要も無いのかなと思って。今の私も手術前の私もワタシだから。ただ、周りの人には表情が明るくなったと言ってもらえるようになりました。嬉しいです』と。

 

実際に手術する前と後の差は明らかで、視聴者からは『マジで大成功じゃん! こっちまで嬉しくなる』『前の顔もそこまで嫌いじゃなかったけど、術後の有村藍里は間違いなく美人』といった声が。また“整形”を堂々と宣言した点にも、『あえてテレビで公開する姿勢に好感度上がった』『意味もなく整形をタブーにしている人に彼女の変化を見てほしい』『そもそも人の整形に他人がとやかくいう資格はない。みんな藍里さんのように堂々とするべき』といった声が寄せられている。

 

 

この写真は2018年5月頃のもので、当時からやや変化はあるように思うが、彼女の努力の現れが出ているのは確かなようにも思う。

 

ただ、整形を公表せず、普通に綺麗というタレントは多いが、彼女のように公開整形という一見無謀なチャレンジをやってしまう姿勢が素晴らしいように思う。このあたりが恐らく普通のタレントさんとの差になって仕事にも現れてくるんじゃないかと個人的に思います。

 

有村架純の姉と呼ばれないレベルの知名度はもうすでに得られ始めているように思うので、これからの彼女の活躍には期待したいところだ。

 

 

事務所的にNGがきそうなところだけど、姉妹で仕事観についてフリートークなんて企画も見てみたい気がする。笑

 

 

まあ、姉妹ともに人を惹きつける才能があるのは事実何ですが、それもどこまで突き詰めるか、ということでしょうか。タレントの世界は全てが容姿や才能だけではないのが面白いところですが、彼女たちはお互いを高め合える関係性を持ち続けられるとベストですね。

 

 

本日はこれまで。

 

 

 

良ければ、下記のブログランキングボタンClickでの応援も宜しくお願いします。(他のブログ記事はこちらから)

 

▼ランキングへの応援はこちら(人気ブログランキング公式サイト

 

 

人気コメンター

 

 

新規登録・ログインして全ての記事を見る

EVENINGは「エンタメを、もっとおもしろく。」するバイラルメディアです。最新のエンターテインメント情報を見たい方は、新規登録より全ての記事をご覧いただけます。

 

WAHT'S NEW

投稿者プロフィール

Yuki
YukiEvening Music Records, CEO and Director of Production Business
執筆者:ユキ(Evening Music Records編集長、Production Manager、デジタル音楽ジャーナリスト)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
取材依頼、記事寄稿、コンサルティングなどお仕事については「お問い合わせ」またはFacebook/Twitter/Instagramからご連絡のほど宜しくお願い致します。

Facebook Comments