Photograph by http://kinggnu.jp/

今年はKing Gnuがアツい!武道館公演もあるのでは…?

EVENING

 

2019年、今年クるバンドといえば?という質問に、「King Gnu」と答える人はかなり多いのではないでしょうか。

 

 

バカリズムの音楽番組バズリズムで新人アーティストの登竜門とも言われておりさまざまなブレイクバンドを輩出してきた2019年コレがバズるぞアーティスト1位 にも選ばれ、米津玄師やサカナクション、アジカンのGotch、スガシカオ、綾野剛など名だたる有名人から激推しされているオシャレでテクいバンドです。King Gnu(キングヌー)とは2017年に結成され、「トーキョー・ニュー・ミクスチャー・スタイル」を自ら称す4人組ミクスチャーロックバンドです。

 

 

歌詞がキザでかっこよすぎる!とファンからコメントを多く寄せられるKing Gnu、編成は常田大希(Gt.Vo.)、勢喜遊(Drs.Sampler)、新井和輝(Ba.)、井口理(Vo.Key.)となっています。

 

どの楽曲を聴くかによって受ける印象が大きく変わるほど多様な楽曲を作るKing Gnuは、もともとは2015年に結成されたSrv.VinciというGt.Vo.常田のソロプロジェクトが前進で、ロゴや映像といったビジュアルデザインも常田さんが立ち上げたクリエイター集団「PERIMETRON」が手掛けています。

 

Srv.Vinci時代の曲を演奏することもおおくあり、FUJI ROCKでも、Srv.Vinci時代の曲を披露していました。4人は音楽的な天才であり、その楽曲のクオリティもかなり高いのですが、ヴィジュアル面での人気も大きく、ファンからルックスやファッションに対するコメントも多く寄せられています。

 

 

初期はすべて英語の歌詞が多かったのですが、最近は日本語の歌詞も混ぜるなど実験的な楽曲も多く出しているKing Gnu。

 

今期ドラマドラマ「イノセンス冤罪弁護士」の主題歌として、「白日」、アニメ「BANANA FISH」のエンディングテーマとして「Prayer X」が使われるなど、メディアにもどんどん進出しており、今後更に活躍が期待できそうです。

 

ちなみに「白日」は2月22日にリリースされたばかりの新曲なので要チェックです。今年は、すでにMETROCK2019やRISING SUN ROCK FESTIVAL 2019 in EZOに出演することが発表され、また1月16日にニューアルバム「Sympa」もリリース、ファンクラブでもかなり盛り上がっています。

 

 

一説によると今年は単独武道館ライブも夢じゃないのでは、とファンに噂されるほどだそうです。

 

実際、単独公演のチケットはあっという間に売り切れてしまい、悔しい思いをしたファンも多くいます。2019年に入ってからのリリースはまだアルバムとシングル1枚ずつだけですが、ネット上では、この2枚だけでも、他に桁違いにブレイクするバンドが現れない限り2019年はKing Gnuの年だろうというコメントも多く、2019年、彼らがどこまで行くのか気になるところです!!

 

 

良ければ、下記のブログランキングボタンClickでの応援も宜しくお願いします。(CEOブログ記事はこちらから)

 

▼ランキングへの応援はこちら(人気ブログランキング公式サイト

 

 

人気コメンター

 

 

新規登録・ログインして全ての記事を見る

EVENINGは「エンタメを、もっとおもしろく。」するバイラルメディアです。最新のエンターテインメント情報を見たい方は、新規登録より全ての記事をご覧いただけます。

 

WAHT'S NEW

投稿者プロフィール

Yuki
YukiEvening Music Records, CEO and Director of Production Business
執筆者:ユキ(Evening Music Records編集長、Production Manager、デジタル音楽ジャーナリスト)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
取材依頼、記事寄稿、コンサルティングなどお仕事については「お問い合わせ」またはFacebook/Twitter/Instagramからご連絡のほど宜しくお願い致します。

Facebook Comments