Taylor SwiftがTumblr投稿して話題となった、大物音楽マネージャーScooter Braunからの嫌がらせとは...?

Hana Sudo(Evening Music Records株式会社)

 

 

先日、Taylor Swift(テイラー・スィフト)が、大物音楽マネージャーScooter Braun(スクーター・ブラウン)からの嫌がらせをTumblr投稿で告発したことが話題となった(別記事参照)。

 

 

 

その具体的な内容を説明するにあたって、ラッパーKanye West(カニエ・ウェスト)とTaylor Swiftの因縁についての話は避けられない。時系列順に説明していこう。

 

 

 

 

2009年のMTV Music Video Awardsにて...!?

 

 

 話は2009年のMTV Music Video Awardsまでさかのぼる。19歳のTaylor Swiftは、セカンド・アルバムにも収められている曲You Belong with Me(ユー・ビロング・ウィズ・ミー)で、歌手Beyoncé(ビヨンセ)を抑えて最優秀女性ミュージックビデオ賞を受賞した。この受賞スピーチの壇上で事件は起きた。なんとKanye Westが突然壇上のTaylor Swiftからマイクを奪い、

 

 

”Yo Taylor, I'm really happy for you, I'ma let you finish, but Beyoncé had one of the best videos of all time! One of the best videos of all time!(テイラーおめでとう、邪魔はしない、だけどビヨンセのビデオは史上最高だった、たしかに史上最高だった)”

 

 

と発言。会場はブーイングで包まれ、Taylor Swift、Beyoncé両者ともに困惑を隠しきれなかった。後日、Kanye Westは反省の念をテレビ番組で表明し、2010年にはTwitter上で謝罪をした。

 

 

Taylor Swiftへの嫌がらせの数々とは...

 

 

 その後、Taylor Swiftが曲Innocentの歌詞で”Thirty two and still growin' up now(32歳でまだ成長途中)”、”You're still an innocent(あなたはまだ幼い子供)”などと、Kanye Westを暗にそしり、Kanye Westは謝罪を撤回、両者は冷戦状態に突入したものの、2015年には両者が共同制作を匂わせ、事件を茶化すなど、事態は収束したかのように見えた。

 

 

 しかし、2016年、火種に油が注がれた。今度はKanye Westが曲Famousの歌詞で”I feel like me and Taylor might still have sex. Why? I made that bitch famous(別に俺はまだテイラーとヤれる、俺があのアバズレを有名にしてやったから)”とTaylor Swiftを攻撃した。

 

 

 これにTaylor Swiftは猛抗議、両者の合意のもとで作られた歌詞だと弁明したKanye Westに対し、この節の後半については同意をしてないと主張した。ここに先日、日本でも論争を巻き起こしたKim Kardashian(キム・カーダシアン、Kanye Westの妻)も参戦、同意の証拠とされる通話の録音を公開し、夫を擁護した。

 

 

 さらに、爆薬がふりかけられる、Famousのミュージックビデオである。この中で、数々の有名人とともに、Taylor Swiftの裸体(実際には人形)が映し出された。あまりに高精度なので筆者も友情出演なのかと疑ったほどである。

 

 

 

Kanye WestとTaylor Swiftの因縁とは...

 

 

 その後も応酬は続き、今に至る。

 

 

 余談であるが、両者の政治的スタンスも逆であることは興味深い。Kanye Westは熱心な共和党支持者でトランプ大統領とも親交が深いのに対し、Taylor Swiftは民主党支持を表明している。

 

 

 以上がKanye WestとTaylor Swiftの因縁であり、冒頭のTaylor Swiftの投稿でScooter Braunによる嫌がらせの内容として示されているのは、FamousのMVで裸にされたことと、2016年のKim Kardashianによる録音暴露騒動のさなか、歌手Justin Bieber(ジャスティン・ビーバー、スクーター・ブラウンをマネージャーに持つ)がInstagram上でScooter Braun、Kanye Westと楽しげにビデオ通話をする画像を載せたことの2つが挙げられている。

 

 特に前者に対しては、”his client, Kanye West, organized a revenge porn music video which strips my body naked. Now Scooter has stripped me of my life’s work, that I wasn’t given an opportunity to buy.(顧客のカニエ・ウェストのMVの中で私の服を剥ぎ取ったばかりでなく、今度はさらに私の人生の結晶である曲の権利まで奪うのだ)”と悲痛な思いを語った。

 

 

 大物同士の戦いは収束するのだろうか、今後の展開から目が離せない。

 

 

参考URL:

https://www.bbc.com/news/world-us-canada-45803245

https://people.com/music/taylor-swift-accuses-scooter-braun-of-using-kanye-west-justin-bieber-to-bully-her/

 

 

 

企画・編集: Evening Music Records株式会社

 

 

※ iTunes 関連楽曲はこちら

 

 

あわせて読みたい記事:「テイラー・スウィフトからミュージシャンを夢見る若者へアドバイス...? 投稿が波紋を引き起こす...」

※ 上記タイトルをクリックすると関連記事が読めます。

 

 

  

 

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます

 

▼Evening Music Records代表のブログ記事はこちらから

▼ブログランキングへの応援はこちら(人気ブログランキング公式サイト

 

 

人気コメンター

 

 

新規登録・ログインして全ての記事を見る

EVENINGは「エンタメを、もっとおもしろく。」するバイラルメディアです。最新のエンターテインメント情報を見たい方は、新規登録より全ての記事をご覧いただけます。

 

新着記事はこちら

運営者 Profile

Yuki Matoba
Yuki MatobaEvening Music Records株式会社 CEO
音楽情報バイラルメディア「EVENING」

お仕事のご依頼や所属アーティストに関するお問合せは下記まで宜しくお願い致します。
mail: info@evening-mashup.com
問合せサイト: http://evening-mashup.com/contact

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

Facebook Comments